Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.5.28号(5/21発売)

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019年5月28日号(5/21発売)

Cover Story

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

教養 哲学で国際ニュースを読み解くと
情報 安全のためなら監視は許される?
米中対立 アメリカと中国、激突の覇者は
ブックガイド ビジネスに効く新「知の古典」
メディア SNS革命は吉か凶か
スパイ CIAにも守るべき道徳がある
民主主義 サル山から見たポピュリズム
経済 移民は排除すべき不幸の元凶か
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 北朝鮮の飛翔体にロシア関与の疑惑
BRITAIN 退路を断ったメイと強硬離脱の懸念
UNITED STATES 過激コンテンツ規制にアメリカ不参加
GERMANY ドイツを震撼させるクロスボウ怪死事件
ITALY 極右指導者の背後に「あの男」が
EUROPEAN UNION 懐疑派躍進でもEU反対論は下火
SOUTH KOREA リベラル文大統領は記者たたきに冷淡
News Gallery
CHINA 株価下落の上海が今度はビル倒壊を嘆く
VATICAN バチカンで新司祭が神にひれ伏す日
Asia
TAIWAN 米中対立の激化と台湾総統選の過熱
HONG KONG 香港の自由は風前の灯に
U.S.Affairs
レイプや近親相姦でも中絶禁止の衝撃
【FEATURES & ANALYSIS】
米中関係 ファーウェイたたきはトランプの大博打
視点 米中相互不信の理由を両国学生に学ぶ
米外交 対イラン開戦論の危うさ
南アフリカ 黒人政党ANCに若い黒人がそっぽ
BY THE NUMBERS  PTSDの見えない傷
【LIFE/STYLE】
Music 音楽フェスの季節が世界中で到来!
Games 大ヒットゲームは戦国忍者の痛みも体感
Movies 実写版ポケモンの古くて新しい世界
Movies 「モンパチ」に乗せて届け、リアルな沖縄
Movies ジャ・ジャンクーは中国公認の反逆児
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 反ワクチン運動から子供を守れ(パックン)
PicturePower コロラド川の水と命が枯れる
Letters
People

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!