Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.1. 1号(12/26発売)

特集:ISSUES 2019

2019年1月 1日号(12/26発売)

Cover Story

激化する米中の対立と国際秩序の大規模なリバランス 危機の気配が強まる2019年の国際情勢を読み解く

展望 世界が直面する未曽有のリバランス── ゴードン・ブラウン
米政治 2020年の米大統領選を占えば── サム・ポトリッキオ
中国 「新皇帝」習近平の内憂外患── ミンシン・ペイ
貿易戦争 トランプのゲームに乗ってはいけない── ダニ・ロドリック
欧州 世界はヨーロッパを必要としている── ジャンクロード・ユンケル
気候変動 島国が海に沈むとき国際秩序が崩壊する── アダム・トゥーズ
アフリカ 巨大大陸が「自立」を主張し始めた── セレスティン・モンガ
朝鮮半島 対話外交継続が非核化への道だ── 尹永寛(ユン・ヨングワン)
日本 改元、選挙、増税という節目── 河東哲夫
中東 米ロの思惑が招く地獄絵図── シュロモ・ベンアミ
政治 ファシズムの再来より憂うべきは何か── マイケル・バーレー
金融 フィンテック革命を賢く管理せよ── アグスティン・カルステンス
視点 それでも世界は臆病に前へ進む── グレン・カール
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 共和党がトランプを見放した?
CHINA 小規模業者の苦戦が示す中国経済の減速
FRANCE フランスが「GAFA税」を独自に導入
TURKEY トルコとアメリカの雪解けに新たな一歩
BY THE NUMBERS プラごみの放置は壮大な無駄
BRITAIN ブレグジット再投票は危険な考え
RUSSIA ロシアで高まる中国警戒論
CHINA 中国、改革開放40年の損と得
RUSSIA 6カ月ぶりの無事帰還、地球は白かった
Asia
CHINA 「中国のカショギ」を救うためにすべきこと
U.S. Affairs
マティス辞任で「最後の大人」がいなくなる
Business
イーロン・マスクの新たな大風呂敷
【FEATURES & ANALYSIS】
米軍事 シリア撤収の見えない真意
日本政治 ルソーで読み解く南青山児相問題
人権 アメリカは拷問と決別できたのか
環境 伝説のオオカミ王、その果てしなき旅路
宇宙 ダークマターの謎を新理論が解明する
【LIFE/STYLE】
Movies 「映画って最高」と思わせる『アリー』
Movies スペインが向き合い始めた人道犯罪
Health サウナで心臓病リスクも吹き飛ばせ
Music 2018年話題のポップアルバム11枚
Celebrity 今年最高のカップルはこの2人
Online SNS広告よ、悲しみに気付いて
Media トランプをつくった男の怒りと不安
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 日本警察にDVを学んだ中国人(唐辛子)

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 2

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 6

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 9

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 10

    「ブレグジット大混乱」報道では見えない真のイギリ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!