Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.9.18号(9/11発売)

特集:温暖化を加速させるホットハウス現象

2018年9月18日号(9/11発売)

Cover Story

温室効果ガスを止めても止まらない自然界のドミノ現象が気候変動に拍車を掛け地球を居住不能な場所にする

※次号9/25号は9/19(水)発売です

地球 狂気の猛暑と加速する温暖化
環境 地球を襲うホットハウス現象
検証 連鎖し合う自然システムの現在地
大規模山火事の増加、その原因と対策は/アマゾンの森が消える日
アオコが生む毒で水道水が汚染される/フロリダのビーチを襲う赤潮の悪夢 29
熱波でサンゴ礁が30%消えた/グリーンランドの氷が初めて分解
対策 地球を救う州知事の挑戦
Picture Power インド農民を殺す気温上昇
【お詫びとお知らせ】 
北海道で発生した地震の影響によるお届けの遅延について

定期購読者の皆様へ

日頃より『ニューズウィーク日本版』をご購読いただきまして誠にありがとうございます。
北海道で発生した地震の影響により、北海道全域への『ニューズウィーク日本版』の お届けに遅れが生じる可能性がございます。
皆様には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。

CCCメディアハウス
読者サービスセンター
0120-467-489 平日9:30〜17:30
【PERISCOPE】
InternationaList
ENVIRONMENT 100年後の地球は気候変動で一変
BRITAIN 「サマータイム先進国」からの忠告
GERMANY 反移民派vs反移民排斥派が衝突
FRANCE 英仏ホタテ戦争はひとまず収束へ
CHINA 中国を襲ったアフリカ豚コレラって?
NORTH KOREA 交渉停滞中でもトランプと金は熱い仲
BRAZIL ブラジル博物館火災で考えるべきこと
BY THE NUMBERS ドイツ人の最大の脅威はトランプ
JAPAN 未明の地震が生んだ北海道の暗闇
Asia
JAPAN 『文明の衝突』の罠に陥る日本
MYANMAR 虐殺の黒幕にこそ法の裁きを
U.S. Affairs
9.11テロ被害者を男性乳癌がむしばむ
最高裁人事と「中絶権」の運命
【FEATURES & ANALYSIS】
米政治 「無能」トランプが解任されない理由
日本 地政学でオキナワを読み解く
中東外交 ご都合主義の盟友、米サウジに隙間風
アフリカ 中国マネーは本当に麻薬か
貿易協定 「カナダ外し」で屈辱のトゥルドー
サイエンス 腸内細菌パワーが血液型を変える
【LIFE/STYLE】
Television S・キングの恐怖の世界へようこそ
Books センダック没後6年で奇跡の「新作」が
Brain 先延ばし癖は脳の構造のせいかも
Movies 『スター・トレック』と自閉症女性の旅
Movies 群像劇で見せる韓国民主化の痛み
Movies 『ヘドウィグ』を生んだパンク魂は健在
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire あの人と対照的だった英雄マケイン(パックン)

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 2

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 6

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 9

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 10

    「ブレグジット大混乱」報道では見えない真のイギリ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!