Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.6.12号(6/ 5発売)

特集:元CIA工作員の告白

2018年6月12日号(6/ 5発売)

Cover Story

なぜトランプ政権下で初の女性CIA長官が誕生?
元工作員が明かすアメリカの変容と諜報活動のリアル

諜報機関 元工作員が語るCIAとアメリカの死
インタビュー スパイはこうして勧誘する
歴史 本誌元東京支局長とCIAの関係
女性 華麗なる女スパイ、その素顔

米朝「核合意」の必要十分条件

分析 トランプと金正恩は会談でどこに妥協点を見いだすのか
米外交 米朝会談が迷走した本当の理由
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 金正恩の手紙に書いてあったこと
ITALY 反体制派政権樹立でユーロ離脱はどうなる
HUNGARY ソロスの難民支援活動が犯罪に
UKRAINE ロシア人記者「暗殺偽装」に非難が噴出
BY THE NUMBERS 米10代に広がるフェイスブック離れ
CHINA 米欧の報復関税合戦で中国が漁夫の利
JAPAN 安倍外交を空転させる外務省の「シナリオ」
NICARAGUA ニカラグアの首都がデモで「戦場」に
Asia
INDIA 核武装インドはなぜアメリカと和解できたか
U.S. Affairs
ハリケーン被害は人災だった?
「トランプの手紙」を元英語教師がメッタ切り
Business
スマートスピーカーの戦国時代が始まる
原油価格を左右する5つの国
【FEATURES & ANALYSIS】
フィリピン ISISが去り、中国がやって来る
ミャンマー スーチーは悪魔になり果てたのか
難民 ロヒンギャに迫る新たな脅威
ヘルス 中国伝統医学の危険な落とし穴
米社会 監視カメラが校内銃乱射を防げない訳
野鳥保護 マリフアナ解禁でフクロウが絶滅?
動物虐待 楽園のバリ島が野生動物の地獄に
医療 食生活を暴く小さな「スパイ」
【LIFE/STYLE】
Devices アレクサに怒鳴る男とデートはお断り
Movies 中年3人組が向き合う2つの戦争
Movies 異色の鈍器系スリラー『ビューティフル・デイ』
Kids キラキラネームでかえって没個性に
Kids 名前と先入観の不思議な関係
Television 人殺しにされた彼女の10年後
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 子づくりを共産党が振り回す
Picture Power ラマダン中のムスリムはドラマに夢中

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    アンコール・ワットは、夏に行ってはいけない

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!