Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.5.29号(5/22発売)

特集:交渉の達人 金正恩

2018年5月29日号(5/22発売)

Cover Story

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

北朝鮮 「交渉の達人」金正恩が世界を翻弄する
米朝関係 北朝鮮の罠に落ちたトランプ
米外交 韓国とイスラエル、それぞれの操縦術
視点 拉致問題を抱える日本のジレンマ

少年は筋肉の見果てぬ悪夢を追う

社会 男子のマッチョ志向に潜む弊害は意外に注目されていない
ヘルス LGBTの美意識が摂食障害を招く
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN ロイヤル婚は全額王室持ちでどうぞ
ITALY 「五つ星運動」創設者が語る政治の大転換
RUSSIA シリアで撃破のロシアMDに疑問符が
CHINA トランプへの融資と制裁緩和の関係
BY THE NUMBERS アジア太平洋でアメリカに迫る中国
EUROPE 欧州企業と核合意のピンチを救えるか
JAPAN 「蚊帳の外」日本とロシアに秘策あり
UNITED STATES ハワイ噴火でも強気のゴルファー
LIMOUSINE 米ロ大統領専用車対決、勝つのは?
BRAZIL ISISの影がブラジルでもうごめく
U.S. Affairs
ワシントンの精神をトランプに見習わせたい
Obituary
トム・ウルフが遺したもの
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 強権ネタニヤフの真意は
環境 「幸せの国」ブータンの不都合な真実
治安 なぜイタリアはテロと無縁なのか
テクノロジー 批判抜きでテスラを語ると
科学 種子の方舟は人類を救うか
医療 夢のペプチドが歯をよみがえらせる
【LIFE/STYLE】
Movies こだわり監督『犬ヶ島』の独創世界
Gadgets 愛犬家も安心で大満足のスマート首輪
Relationship ミレニアル世代で進む草食化
Games ツイッチで一変したゲームの楽しみ方
Health 水中でないのに溺れる「乾性溺水」
Media 権力の嘘を暴くデジタルジャーナリズム
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 大震災で政府に感謝を迫る国
Picture Power 電磁波の恐怖から逃れて

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!