Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.4.17号(4/10発売)

特集:金正恩の頭の中

2018年4月17日号(4/10発売)

Cover Story

中米韓トップと対等な会談を取り付けた金正恩── 「経験不足」とみられてきた若き独裁者の最終目標は

北朝鮮 世界は踊る、金正恩の思惑で
発言 ツンデレ正恩の(ありがたい)お言葉
分析 北メディアの沈黙に変化を読み取れ
中朝会談 先手を打った習と金の腹の内
アメリカ トランプ流が招く米外交の「敗戦」

米中貿易戦争へのカウントダウン

貿易摩擦 このまま課税合戦が激化すれば、その先には大恐慌が待つ?
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 韓国大統領の哀しき末路
JAPAN ジブリ「もう1人の巨匠」逝く
CHINA 聖書が買えない中国のキリスト教規制
PALESTINE 国際社会に広がるパレスチナへの無関心
UNITED STATES 就業時間外メールにNYもNo!
SYRIA シリア撤退は暴論か正論か
SAUDI ARABIA 『ブラックパンサー』は映画解禁に理想的
RUSSIA ロシアは海底ケーブルが狙い?
FRANCE パリ大混乱の国鉄ストもバカンスまで
Asia
CHINA 世界の脅威はテロから中ロへ
CHINA 中国空軍が空の覇権争いを制する日
U.S. Affairs
ホワイトハウス一番の情報リーク元は誰?
YouTube銃撃犯の奇妙な素顔
【FEATURES & ANALYSIS】
オーストリア 永世中立、でもロシアが好き
南ア 「炎と怒り」を貫いたマンデラ妻の人生
カナダ イケメン首相の人気に陰り
天文学 異星人のシグナルを探せ
競争 「未知との遭遇」は中国のほうが先?
科学 UFO目撃情報とフェイクニュースの共通点
病院 医療ツアー大国インドの現実
イスラエル 豚はダメでもクローン豚はOK
科学 ナノ素材で叶える「透明マント」の夢
【LIFE/STYLE】
Books ルーズベルト夫人と女性記者の恋
Television 黒人カウンセラー役が目立つけど
Movies 『パシフィック・リム』続編で輝きを失った人
Movies 「戦いだけの物語じゃない」
Sports 「俺様野郎」ズラタンがアメリカ征服宣言
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 見当違いな銃乱射対策のススメ
Picture Power アメリカが失った「感じる力」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    アンコール・ワットは、夏に行ってはいけない

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!