Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.3.27号(3/20発売)

特集:コロンビア大学特別講義 「慰安婦」の記憶

2018年3月27日号(3/20発売)

Cover Story

なぜ慰安婦問題は噴出し、今も解決しないのか。コロンビア大学教授が解き明かすプロセスと背景とは

特別講義 「慰安婦」が記憶になるとき
解説 なぜ世界各地に慰安婦像が増え続けるのか

冒険に生きたわが友ホーキング

追悼  難病でも意欲を失わず宇宙の謎を探り続けた天才科学者の人生

霞が関視点の森友事件解説

日本政治 なぜ財務省はつまずいた? 元官僚が読み解くスキャンダルの深層
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 歴史的会談に北朝鮮が沈黙するのは
RUSSIA 神経剤襲撃にプーチンが込めたメッセージ
PHILIPPINES 大統領が人道犯罪で裁かれる?
BRITAIN イギリスを震撼させる「謎の手紙」
RUSSIA 夢のレーザー兵器はロシアが既に配備
TURKEY アメリカとトルコがシリアで激突寸前
RUSSIA 熱狂なき大統領選とプーチン時代の終焉
UNITED STATES 銃規制を求める学生の叫び
Asia
CHINA ウイグル「絶望収容所」と子供たちの悲劇
MONGOLIA 米朝会談がモンゴルで開かれる理由
U.S. Affairs
米大学で増える孔子学院に取り締まりの網が
アラスカの人口減が止まらない
NY「夜の市長」っていったい何者?
初の女性長官誕生を阻むCIAの恥ずべき過去
【FEATURES & ANALYSIS】
アメリカ 加速するトランプ直感外交
外交 米朝会談と「安倍トラ」の盲点
視点 金と会ってはならない3つの理由
アフリカ シエラレオネ大統領選に蠢く中国の影
テクノロジー 賢い宇宙AIはクルーの良き相棒
【LIFE/STYLE】
Movies 圧巻だが物足りないチャーチル映画
Movies 戦艦級スケールに薄い中身の『ヴァレリアン』
Fashion LLビーンが永久保証をやめた理由
Books ファンタジー界に静かなフェミニスト旋風
Gender 「トランプは多くの人を目覚めさせた」
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国で進む官製トイレ大革命
Picture Power 便利な原料パーム油の不都合な真実

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 7

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    隕石内のダイヤモンド、太陽系初期に存在した大型原…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!