Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.3. 6号(2/27発売)

特集:禁断の医療

2018年3月 6日号(2/27発売)

Cover Story

科学と倫理の限界に挑む「エクストリーム医療」は老化や難病克服の突破口か、神への冒瀆か

医療 頭部移植は狂気か、革新への一歩か
血液 「若い血を輸血して老化を防止できる」
生命 死んだ息子の精子で孫を
人体 冷凍保存で人は不死身になれる?
遺伝子工学 DNAの「編集」をどこまで許すか
異種移植 遺伝子改変ブタでヒトの臓器を供給
生殖 3人の親が生むジレンマ
精神医療 癌患者の心を救う? 危険な「幻覚キノコ」
組織 極小の「人間の脳」が切り開く新領域
自殺 苦しまずに旅立つ安楽死マシン
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA 国際社会が止められないアサドの「蛮行」
VENEZUELA 経済危機で国民がやせ細る
ISRAEL 側近証言がネタニヤフを追い詰める
RUSSIA 4選確実プーチンが怯えるサイバー攻撃
UNITED STATES 銃乱射事件が米世論を動かした
MEXICO ポピュリスト大統領が次はメキシコに?
TURKEY 「性犯罪者は去勢せよ」
THAILAND タイ「赤ちゃん工場」事件の親権は
Asia
TIBET 「ウイグル監視社会の起源はチベット」
CHINA インド太平洋戦略vs一帯一路の勝者
SOUTH KOREA 韓国でもトランプ政権の素人ぶりが
U.S. Affairs
大富豪ソロスの「陰謀」が世界中で囁かれるのは
トランプ不人気でバイデン大統領の現実味
Olympics
トランプ不人気でバイデン大統領の現実味
【FEATURES & ANALYSIS】
半島情勢 融和vs鼻血作戦、核危機の行方は
米政治 疑惑のメモで疑惑をもみ消す男
キリスト教 「アメリカの伝道師」逝く
欧州政治 イタリア極右のすみ分け作戦
オリンピック 「この2人、付き合ってるの?」
流体力学 高速ザメの「肌」に燃費向上の秘密
【LIFE/STYLE】
Movies 半魚人との愛『シェイプ・オブ・ウォーター』
Movies ウォーターゲート神話を崩す新視点
Books 盗用検出ソフトでシェークスピアのパクリが
Music どうしちゃったの、ジャスティン?
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 借金大国でもお金持ちは減税
Picture Power カザフの草原に残る核の爪痕

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 10

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!