Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.2.20号(2/14発売)

特集:AI 新局面

2018年2月20日号(2/14発売)

Cover Story

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

テクノロジー AIが人間に雇用を取り戻す日
■情報 正しく理解するための基礎知識
インタビュー 「AIを制するのは中国だ」
製薬 難病の治療薬もデータが見つける
音楽 AIロックスターがやってくる
課題 「差別するAI」が生まれる理由

ウイグル「絶望」収容所

中国 共産党が新疆各地でウイグル人を大量収監し始めている
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 平昌「平和五輪」で米朝の駆け引き
UNITED STATES 株価急落でTPP復帰の可能性
GERMANY 優等生ドイツのルール違反
CHILE 法王の性的虐待「容認」にチリ国民が激怒
RUSSIA 米国防総省が懸念するロシアの核魚雷
TERROR ISIS女性戦士が求める「男女平等」
UNITED STATES 米中貿易戦争の静かな予兆
Asia
CHINA 中国から消えた「尖閣」地図
News Gallery
PHILIPPINES ドゥテルテが高級車を「処刑」
Business
VWの「サル実験」にノー! 変わり始めた倫理観
【FEATURES & ANALYSIS】
米政治 「機密メモ」が民主主義をつぶす
イラク 荒くれ民兵、政治家への道
仏政治 強い欧州を目指すマクロン「第3の道」
アメリカ 米政治を動かす女たちの反乱
イギリス ペット愛につけこむ子犬密輸ビジネス
新技術 2020年予測は本当に実現可能?
テクノロジー 水中でも通じる量子無線の新技術
【LIFE/STYLE】
Education 私のママは「タイガー・マザー」
Cosmetics #MeTooブランドで儲ける浅ましさ
Pet 「犬に服を着せるなんて」と嘆く人へ
Movies うまみの乏しい『グレイテスト・ショーマン』
Movies 悲しき殺人兵器の歌『悪女』
Movies 女性撮影監督が切り開くフロンティア
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire あのハーディング事件にそっくり
Picture Power 奇跡の力で富を生むガーナの教会

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!