Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.2. 6号(1/30発売)

特集:世界を読み解くベストセラー40

2018年2月 6日号(1/30発売)

Cover Story

欧米やアジア、中東の各地で旋風を巻き起こす話題の本から日々のニュースでは分からない世界の「今」が見えてくる

書籍 ベストセラーで世界を読み解く
アメリカ 幻想の合衆国と女たちの反乱
ロシア プーチン体制下のささやかな秩序
フランス 自信喪失と社会の分断が移民大国をのみ込む
中国 抑圧的社会の多様な読書
韓国 激論と喧騒に疲れ静かな言葉に向かう人々
インド 価値観の対立を映し出して
イギリス 移民とテロが交錯する回り舞台
エジプト 「革命」の頓挫 その失意の先に

米体操界セクハラの闇 

スキャンダル スポーツ医師の犯罪をなぜメディアと社会は無視してきたか
■法廷 あまりに卑劣な虐待と被害者たちの勇気
【PERISCOPE】
JAPAN 安倍の五輪開会式出席は吉か凶か
CRYPTOCURRENCY 仮想通貨詐欺にご用心
SCOTLAND スコットランドの英国旗「抹殺」作戦
CUBA 米政府がキューバのネット環境整備を
GERMANY 独極右政党幹部がイスラムに改宗?!
POPULISM ポピュリズムの原因は経済ではない
CATASTROPHE 終末時計の賞味期限
FRANCE セーヌ川が氾濫、パリは洪水の都に?
Asia
PHILIPPINES フィリピンが中国に接近する日
INDIA インド人の流儀は朝一番のスマホ挨拶
CHINA 馬脚を現したマクロン訪中の朝貢ぶり
U.S. Affairs
米国家防衛戦略の最大のハードルは予算
「政府閉鎖」で見えた? トランプ再選のシナリオ
Business
中国の原油先物市場が成功するカギは?
【FEATURES & ANALYSIS】
半島危機 「朝鮮戦争」後の東アジアで起きること
米防衛 トランプの新防衛戦略をうのみにするな
中東 新たな戦いに向かう絶望のシリア和平
米外交 ペンスの中東和平さよならツアー
ドイツ 3度目の大連立、左派の終焉
生殖医療 パーフェクトな人工精子を夢見て
【LIFE/STYLE】
Music デヴィッド・ボウイの最後を追って
Health ニュースの見過ぎは心と体をむしばむ?
Health 男性諸君、ハイテク下着で精子を守れ!
Alcohol 3世紀で7倍になったワイングラス
Movies 『スリー・ビルボード』が描く米国の病理
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 移民の国の歴史を知らない?
Picture Power 未来への希望を壊すコソボの分断

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!