Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.1.23号(1/16発売)

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018年1月23日号(1/16発売)

Cover Story

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

米政治 「炎と怒り」でトランプ大炎上
書籍 暴露本が明かす政権の深層
影響 この騒動の最大の敗者は誰だ
人物 コネと嘘と褒め殺し? 著者の成り上がり人生

「早期に北朝鮮を空爆せよ」

米軍事 南北会談後も核開発は進む──米国防専門家の先制攻撃論

荒療治は悲劇を生むだけだ

反論 空爆に踏み切れば死屍累々──米下院議員が語る異論
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 議会聴取にバノンは何を語るのか
CHINA 中国製潜水艦が世界中で浮上する日
SOUTH KOREA トランプをおだてた文在寅の学習力
UKRAINE 汚職国家に逆戻りするウクライナ
SAUDI ARABIA 同性愛死刑のサウジでゲイが結婚式?
FRANCE 豚肉抜きの給食禁止はイスラム差別か
IRAN デモに学ぶイラン政府がネット規制の達人に
JAPAN 河野外交は官邸主導を変えるか
THAILAND 「こわもて」タイ首相パネルの使い道
Asia
CHINA 空母大国を目指し中国は進化を続ける
CHINA フランス「一帯一路」協力のメッセージ
U.S. Affairs
オプラが次期大統領候補になってはいけない理由
Business
トランプの経済運営に自慢するほどの手柄なし
【FEATURES & ANALYSIS】
イラン 反政府デモが問う派閥対立の深い罪
視点 富の集中がアメリカを壊す
原子力 ロシア放射能汚染の隠蔽は続く
トレンド セックスドールに中国男性は夢中
中国社会 あなたの代わりに酔っぱらいます
医学 野菜を食べて便エリートに
健康 口臭の真犯人は遺伝子だった?
環境 温暖化で湿度100%の悪夢が
自然 極地の雪が抱く生命の息吹
【LIFE/STYLE】
Books アメリカが震えるトランプの心の闇
Technology 飲み頃コーヒーをいつでも提供するマグ
Alcohol シャンパンの味は泡で分かる?
Health アルツハイマー病に効く?意外な薬
Movies 今度のパディントンも優しさで魅了
Movies サミュエル・L・ジャクソンが語る演技と挑戦
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 奇妙な実話が歴史になっていく
Picture Power 「黒い金」がポーランドを汚し尽くす

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!