Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.11.28号(11/21発売)

特集:北朝鮮の歴史

2017年11月28日号(11/21発売)

Cover Story

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

北朝鮮 ストーリーで読む金王朝の歴史
タイムライン 北朝鮮史年表1948–2017
解説 今こそ知りたい10のテーマ
1.金王朝 北を牛耳る華麗なる一族
2.朝鮮戦争 300万人が死んだ米ソ代理戦争
3.朝鮮労働党 金一族の理念を実現する「道具」
4.テロ活動 世界を驚愕させた蛮行の数々
5.中朝関係 血の友情のまぼろし
6.南北関係 対立と融和の果てに北は韓国を無視
7.主体思想 孤立の元凶か、生みの親も亡命
8.核・ミサイル開発 核保有国への野望は60年代から
9.経済危機 貿易額の推移に表れる栄枯盛衰
10. 拉致問題 安倍が取り戻せない残された被害者
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 中国が核問題解決に本腰?
ZIMBABWE ジンバブエの奇妙なクーデター
RUSSIA ロシアの情報操作はイギリスでも
YEMEN 米イエメン介入は「承認なし」
LIBYA 欧州に渡れない難民がリビアで奴隷売買に
LEBANON 首相辞任で高まる代理戦争の懸念
PACIFIC OCEAN 日本が「ヤマト自治区」になる日
MYANMAR 国連決議でもロヒンギャの苦難は続く
AUSTRALIA 豪州も年内に同性婚解禁へ
ENVIRONMENT 経済拡大でCO2排出量増加
Asia
CAMBODIA カンボジア野党解党は一党独裁への道
U.S. Affairs
セクハラ・スキャンダルの大本命はトランプ
Business
ネット商戦にあおられた消費ブームの危険
世界の富は依然として一握りの人間が握る
イケメン首脳2人のトランプ封じはTPP11
【FEATURES & ANALYSIS】
ジンバブエ 英雄から独裁者へ、ムガベの37年
南シナ海 トランプの無策が中国の追い風に
米軍事 「核のボタン」をトランプは押せるか
疑惑 韓国で噴き出す過去のウミ
軍事 パイロットが足りない!米軍が悲鳴
テクノロジー 「奇跡の素材」で割れないスマホを 【LIFE/STYLE】
Moveis ソダーバーグの無難過ぎる復活
Moveis ゴアの戦いと地球の危機は続く
Moveis ゴアQ&A「最悪の事態は避けられる」
Health 産後鬱はパパも襲う
Shopping アマゾン「ARビュー」はリアル過ぎ
Sports バスケ3×3を牽引するセルビアの王者 【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「中国崩壊論」の嘘とホント
Picture Power 周辺国ににじむロシアへの愛憎

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 8

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 9

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 10

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!