Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10.24号(10/17発売)

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017年10月24日号(10/17発売)

Cover Story

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

中国 共産党支配が崩壊しない理由
■GDP 中国経済の「復活」にIMFがお墨付き
Q&A 根拠なき礼賛と悲観のツケ
出版 中国崩壊本の崩壊カウントダウン
■インタビュー 「『崩壊』とは言ってない」代表的著者の反論
分析 中国の未来をCIA流に予測する
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 最悪の山火事の原因は?
UNITED NATIONS 今さら感が漂う米ユネスコ脱退
BRITAIN 「ブレグジット後はNAFTA」の現実味
SPAIN カタルーニャ独立宣言延期の本当の理由は
SOUTH KOREA 中国整形女性騒ぎは偽ニュース?
SOUTH KOREA ノーベル賞「返上」工作が韓国で浮上
UKRAINE ウクライナ紛争に軍事ロボットが参戦!?
Asia
NORTH KOREA 米中の北朝鮮「懲罰」と日本
News Gallery
RUSSIA わしづかみ子犬の贈り物にプーチンも当惑
U.S. Affairs
2大政党が続く制度的からくりと有権者心理
【FEATURES & ANALYSIS】
米外交 米朝交渉の歴史にトランプは学べ
核合意 対イラン交渉には「善人」も必要だ
パキスタン 過激派「政界入り」戦略の欺瞞
医療 男たちの精子が枯れていく
健康 医療ツーリズムの新トレンド
銃対策 幼い患者を銃から守るには
移民政策 アメリカを捨てるインド移民
新研究 宇宙で抗生物質が効かない恐怖 【LIFE/STYLE】
Movies よみがえった『ブレードランナー』
Movies 82年の前作を本誌はどう評したか
Music スティーリー・ダン、超こだわりの制作秘話
Art 現代アートの名作を観光名所で「クーンズGO」
Sports かくして大リーグはホームラン量産時代に
Fashion XL下着の仕掛け人はぽっちゃりモデル 【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 政治家の偽善は日常茶飯事
Picture Power LGBTQの親を持つ子供たち

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 8

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 9

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 10

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!