コラム

中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない!

2018年01月04日(木)20時40分
中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない!

湖南省長沙市のナイトクラブ(写真提供:筆者)

<中国・湖南省で開かれた「夜遊び」産業のイベントは自治体が主催。4000人ものホストを抱え、中国全土でホストクラブをチェーン展開する経営者もいる。中国「性産業」の夜明けが近付いている>

新年快楽! 明けましておめでとうございます。新宿案内人の李小牧です。

2017年12月上旬、私の故郷である湖南省長沙市で「第2回夜会盛典(第2回ナイト・インダストリー・グランドセレモニー)」が2日間にわたり開催された。中国全土、そして香港、台湾、マカオ、韓国、日本から、娯楽産業などナイトエコノミー(ナイトタイムエコノミー)関連の識者、著名人が集結する大型イベントだ。新年早々になんだが、今年最初のコラムではその話をしたい。

この「夜会盛典」に私、李小牧は、僭越ながら日本代表として出席した。初日のトリという重要なポジションを任され、新宿・歌舞伎町の現状と日本のナイトエコノミーの強みについて語ってきた。1988年に来日して以来ずっと歌舞伎町を拠点にしてきた、まさに「ナイトエコノミーの伝道師(笑)」たる私にとって、何時間でも話し続けられそうなテーマだ。

lee180104-2.jpg
lee180104-3.jpg

大役を担い、日本のナイトエコノミーを大いに語ってきた(写真提供:筆者)

聴衆は、合法と違法のラインがはっきり線引きされている日本のナイトエコノミー事情、そして夜の街から選挙に立候補した私自身の体験に聞き入っていた。

私が講演した翌日、中国カラオケ娯楽協会会長の講演もあったのだが、わずか20分の講演の間に5回も私の名前を出した。いかに政府と折り合いをつけるかという点で、私の歌舞伎町での経験がきわめて重要だと感じ入ったらしい。

さて、会場となったのは長沙市音楽庁だ。2015年に完成したばかりの真新しい立派なホールである。この場所が使えたのも、実はイベントが湖南省文化庁、長沙市政府という自治体が主催者になっているため。これには隔世の感を覚えた。

lee180104-4.jpg

「第2回夜会盛典」の会場となった長沙市音楽庁(写真提供:筆者)

湖南省はかつて「洗脚城」という異名を持っていた。「洗脚」とはフットマッサージの意味だが、その多くは陰で性風俗サービスを提供していた。主要産業が農業で人口が多い湖南省では、仕事が見つからない女性が働く性風俗店がずらりと並んでいたのだ。

性風俗も立派な仕事だと私は考えるが、政府は取り締まりを強化し、北京五輪の前には大半の店が閉店に追いやられている。今でも上海市や広東省のカラオケ店(ご存じの人もいると思うが、中国で「カラオケ店」といえば性風俗店のこと)で働く女性には湖南省出身者が多い。

中国でも、ホストクラブの主な顧客は風俗嬢や社長の愛人

北京五輪から約10年が過ぎた今、今度は政府が旗振り役となってナイトエコノミーの振興に努めている。もちろん性風俗はまだ違法ではあるが、大変な変わりようだ。イベントに参加した企業家たちも、いかがわしい人間ではなく、中国産業界を代表するリーダーとして尊敬を集めている。

例えば、中国全土に展開するホストクラブ・チェーンの経営者。配下には4000人ものホストがいるというから驚きだ。「中国にホストクラブがあるのか?」と驚かれる人もいるだろうが、都市部では日本人以上に豊かな富裕層、中産層がごろごろいるのだから、日本と同じニーズがあるのは当然だ。ちなみにホストクラブの主な顧客は風俗嬢や社長の愛人だという。この点でも日本と変わらない。

また、夜には長沙市のクラブ経営者に誘われて市内のいくつかのクラブを参観したが、きわめてゴージャスな内装(!)と、人々の洗練されたファッションに圧倒された。ちょっと前までは「中国はダサい」と言ってもあながち間違いではなかったが、今では日本と同じかそれ以上かもしれない。

lee180104-5.jpg

湖南省長沙市のナイトクラブ(写真提供:筆者)

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

OPEC、日量100万バレルの小幅増産で合意 7月

ビジネス

ルノーによる三菱自・日産の「完全子会社化はゼロ」=

ビジネス

TLTRO早期償還はわずか=ECB

ワールド

不法移民の子供、親と一緒でも拘束避けるべき=国連人

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 3

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 4

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 5

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 6

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!