コラム

中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない!

2018年01月04日(木)20時40分
中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない!

湖南省長沙市のナイトクラブ(写真提供:筆者)

<中国・湖南省で開かれた「夜遊び」産業のイベントは自治体が主催。4000人ものホストを抱え、中国全土でホストクラブをチェーン展開する経営者もいる。中国「性産業」の夜明けが近付いている>

新年快楽! 明けましておめでとうございます。新宿案内人の李小牧です。

2017年12月上旬、私の故郷である湖南省長沙市で「第2回夜会盛典(第2回ナイト・インダストリー・グランドセレモニー)」が2日間にわたり開催された。中国全土、そして香港、台湾、マカオ、韓国、日本から、娯楽産業などナイトエコノミー(ナイトタイムエコノミー)関連の識者、著名人が集結する大型イベントだ。新年早々になんだが、今年最初のコラムではその話をしたい。

この「夜会盛典」に私、李小牧は、僭越ながら日本代表として出席した。初日のトリという重要なポジションを任され、新宿・歌舞伎町の現状と日本のナイトエコノミーの強みについて語ってきた。1988年に来日して以来ずっと歌舞伎町を拠点にしてきた、まさに「ナイトエコノミーの伝道師(笑)」たる私にとって、何時間でも話し続けられそうなテーマだ。

lee180104-2.jpg
lee180104-3.jpg

大役を担い、日本のナイトエコノミーを大いに語ってきた(写真提供:筆者)

聴衆は、合法と違法のラインがはっきり線引きされている日本のナイトエコノミー事情、そして夜の街から選挙に立候補した私自身の体験に聞き入っていた。

私が講演した翌日、中国カラオケ娯楽協会会長の講演もあったのだが、わずか20分の講演の間に5回も私の名前を出した。いかに政府と折り合いをつけるかという点で、私の歌舞伎町での経験がきわめて重要だと感じ入ったらしい。

さて、会場となったのは長沙市音楽庁だ。2015年に完成したばかりの真新しい立派なホールである。この場所が使えたのも、実はイベントが湖南省文化庁、長沙市政府という自治体が主催者になっているため。これには隔世の感を覚えた。

lee180104-4.jpg

「第2回夜会盛典」の会場となった長沙市音楽庁(写真提供:筆者)

湖南省はかつて「洗脚城」という異名を持っていた。「洗脚」とはフットマッサージの意味だが、その多くは陰で性風俗サービスを提供していた。主要産業が農業で人口が多い湖南省では、仕事が見つからない女性が働く性風俗店がずらりと並んでいたのだ。

性風俗も立派な仕事だと私は考えるが、政府は取り締まりを強化し、北京五輪の前には大半の店が閉店に追いやられている。今でも上海市や広東省のカラオケ店(ご存じの人もいると思うが、中国で「カラオケ店」といえば性風俗店のこと)で働く女性には湖南省出身者が多い。

中国でも、ホストクラブの主な顧客は風俗嬢や社長の愛人

北京五輪から約10年が過ぎた今、今度は政府が旗振り役となってナイトエコノミーの振興に努めている。もちろん性風俗はまだ違法ではあるが、大変な変わりようだ。イベントに参加した企業家たちも、いかがわしい人間ではなく、中国産業界を代表するリーダーとして尊敬を集めている。

例えば、中国全土に展開するホストクラブ・チェーンの経営者。配下には4000人ものホストがいるというから驚きだ。「中国にホストクラブがあるのか?」と驚かれる人もいるだろうが、都市部では日本人以上に豊かな富裕層、中産層がごろごろいるのだから、日本と同じニーズがあるのは当然だ。ちなみにホストクラブの主な顧客は風俗嬢や社長の愛人だという。この点でも日本と変わらない。

また、夜には長沙市のクラブ経営者に誘われて市内のいくつかのクラブを参観したが、きわめてゴージャスな内装(!)と、人々の洗練されたファッションに圧倒された。ちょっと前までは「中国はダサい」と言ってもあながち間違いではなかったが、今では日本と同じかそれ以上かもしれない。

lee180104-5.jpg

湖南省長沙市のナイトクラブ(写真提供:筆者)

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!