コラム

今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた中国共産党の真意

2021年11月26日(金)13時52分

現に、中国のインターネット規制当局は、有名人のコンテンツが異常な美学、下品なスキャンダルを誇張したり、ファンが盲目的に有名人を偶像化するよう誘導したり、違法・非倫理的な過去を持つ芸能人のカムバックを誇大宣伝したりするコンテンツを禁止するネガティブリストを設けると発表したばかり。

5カ年計画に盛り込まれたナショナルブランド戦略

ディオールは2019年に、会社の採用イベントで台湾を省略した中国の地図を表示し、大騒ぎになったことがある。今年9月には、オンラインプラットフォームで市場基準を満たしていないTシャツを販売したとして5万7600人民元(約104万円)の罰金を科せられた。シャネルも虚偽宣伝や市場基準を満たしていない商品の販売で罪に問われている。

中国共産党機関紙の国際版、環球時報(電子版)によると、ルイ・ヴィトンが写真撮影した中国人モデルの服装や髪型が清王朝時代風だとしてネチズンから突き上げられた。イタリアの高級ブランド、ドルチェ&ガッバーナは中国人モデルが箸を使ってイタリア料理を食べようと奮闘する様子を撮影し、中国文化を侮辱していると非難された。

中国文化を侮辱したとされたD&Gの広告


これらの動きはすべて中国共産党のナショナルブランド戦略と関係している。ロンドンに拠点を置くブランド価値・戦略コンサルティング会社ブランド・ファイナンスによると、世界のトップ25ブランドに入ったアジア企業は17年時点で7社。このうち中国企業は4社、日本企業はトヨタ自動車とNTTグループの2社だった。

211116kimurachart2.png
ブランド・ファイナンスのプレゼン資料より


今年、世界トップ25ブランドに入ったアジア企業は13社に増え、このうち中国企業は11社、日本企業はトヨタ自動車1社に減っていた。
211126kimurachart1.png
ブランド・ファイナンスのプレゼン資料より


アジアにおける中国ブランドの支配率は60%

アジア・トップ500ブランドを見ると、ブランド価値総額で中国の支配率は17年の46%から今年60%に拡大。日本と韓国はそれぞれ32%から22%、10%から9%に縮小。中国企業のブランド価値総額は89%増の1兆7504億5千万ドル、日本企業は2%減の6402億8400万ドル、韓国企業のブランド価値総額は24%増の2514億7600万ドルだった。

5月集計では中国のトップ500ブランドの価値総額は1兆9400億ドルに達していた。同社の中国最高責任者スコット・チェン氏は「鄭和は大艦隊を率いて中東、アフリカで中国ブランドを売っていた。いま中国には1万以上のブランドがあり、第14次5カ年計画(21~25年)で10のナショナルブランドを構築することがうたわれた」と語る。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7財務相、150億ユーロのウクライナ支援を計画 

ビジネス

米利上げ、前倒し後に慎重ペース移行を=シカゴ連銀総

ビジネス

ECBの政策正常化、持続可能性備える必要=ポルトガ

ワールド

ベネズエラ大統領、野党と対話再開へ 米の制裁緩和受

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中