コラム

ヘンリーとメーガン夫妻、ネットフリックスとの複数年契約は252億円?

2020年09月08日(火)11時35分
 ヘンリーとメーガン夫妻、ネットフリックスとの複数年契約は252億円?

今をときめくネットフリックスは、現代のシンデレラ、メーガンが与える夢に賭けた Hannah McKay-REUTERS

[ロンドン発]英王室を離脱したヘンリー・サセックス公爵(35)=王位継承順位6位=とメーガン夫人(39)が米動画配信サービス、Netflix(ネットフリックス)と複数年契約を結んだ。制作費を出してもらう代わりにドキュメンタリーや長編映画、子供向け番組を供給する契約だ。

PRの専門家は英大衆紙デーリー・ミラーに、複数年契約で2人が手にするおカネは3700万~7500万ポンド(約52億~105億円)、成功報酬が支払われると合わせて1億8000万ポンド(約252億円)になるとの見方を示しているが、はっきりした数字は公表されていない。

生き馬の目を抜くハリウッドでキャリアを築いた元女優のメーガン夫人。彼女が王室離脱を急いだのは、映画とテレビドラマのストリーミングサービスが世界に普及し、ハリウッドが激変する千載一遇のチャンスをみすみす逃したくなかったことも一因だろう。

Netflixの会員は世界で1億9200万人。2011年の2150万人に比べると実に約9倍の急成長だ。年間売り上げは226億ドル(約2兆4000億円)。新型コロナウイルスで"巣ごもり視聴"が激増し、ライフスタイルの転換が加速することを見越して株価は一時2倍近くに高騰した。


「ブラック」が格好良いトレンドに

米白人警官による黒人男性暴行死事件に端を発した黒人差別撤廃運動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」は世界中にアッという間に広がった。リベラルで反トランプのハリウッドはこの運動を全面的に支持している。

キャストや製作スタッフの大半が黒人というスーパーヒーロ映画『ブラックパンサー』(2018年)が世界的に大ヒットし、ブラックパンサーを好演した俳優チャドウィック・ボーズマンが大腸がんで夭逝すると英BBC放送はトップニュースで取り上げた。

そしてアメリカ独立戦争の総司令官ジョージ・ワシントンの副官を務め、初代財務長官に就任したアレクサンダー・ハミルトンを主人公にしたヒップホップミュージカル『ハミルトン』が映画製作会社ウォルト・ディズニー・ピクチャーズによって映画化され、注目を集めている。

実在する白人役に黒人など非白人の俳優を起用した異色の作品であることがポイントだ。友人の映画プロデューサーは「とにかくブラックやマイノリティーであることがトレンディーで、大ヒットする時代です。この業界では今や白人であることがハンディキャップ」と語る。

目指すはオバマ前米大統領とミシェル夫人

ヘンリー公爵とメーガン夫人が目標にしているのはアメリカ初の黒人大統領バラク・オバマ前米大統領とミシェル夫人。夫妻もNetflixと複数年契約を結び、2018年に製作会社「ハイヤー・グラウンド・プロダクションズ」を立ち上げている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

米、COVAXへの参加を検討=ファウチ氏

ワールド

英国とEU、駐英EU大使の外交的地位巡り対立

ビジネス

アングル:環境関連の資産購入、「首相肝いり」で日銀

ビジネス

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 3

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 4

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り…

  • 5

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 6

    ホワイトハウスを去るトランプ側近の手には思い出の…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!