コラム

韓国政府が手厚い子育て支援策を決めたが、出生率向上は今度も難しい?

2021年01月12日(火)13時40分
韓国政府が手厚い子育て支援策を決めたが、出生率向上は今度も難しい?

韓国でも少子化は深刻な問題だ Kim Hong-Ji-REUTERS

<1991年から子育て世代の支援制度を拡充してきた韓国でも出生率の低下には歯止めがかからない。未婚化、晩婚化を止める施策が必要だ>

韓国政府は12月15日、2021年から2025年までの人口政策の基盤になる「第4次少子・高齢社会基本計画」を国務会議で確定した。韓国政府は子育てに必要な費用を支援し、出生率を引き上げるために2022年から0~1歳の乳児を育てるすべての親に対して月30万ウォンの「乳児手当」を支給することを決めた。また、手当の金額を2025年までに50万ウォンに引き上げる方針である。

さらに、2022年からは出産時に200万ウォンを一時金として支給する制度を新設するほか、男性の育児参加を奨励するために、満1歳未満の子供を持つ両親が3カ月ずつ育児休業を取得した場合、双方に月最大300万ウォンの休業給付金を支払う計画である。

実際、最近、韓国では育児休業を取得する男性が増加している傾向にある。2002年に104人で全育児休業取得者の1.5%に過ぎなかった男性の割合は、2019年には22,297人で21.2%まで上昇した。

男性の育児休業取得者が増えた理由としては、女性の労働市場参加の増加や育児に対する男性の意識変化等の要因もあるものの、最も影響を与えたのは韓国政府が2014年10月に男性の育児休業取得を奨励するために導入した「パパ育児休業ボーナス制度」の効果ではないかと考えられる。

「パパ育児休業ボーナス制度」とは、同じ子どもを対象に2 番目に育児休業を取得する親(90%は男性)に、最初3カ月間は育児休業給付金を通常賃金 の100%を支給する制度である 。また「パパ育児休業ボーナス制度」の支給上限額は育児休業給付金の上限額より高い1カ月250 万ウォンに設定されている。このように、育児休業を取得しても高い給与が支払われるので、中小企業で働いている子育て男性労働者を中心に「パパ育児休業ボーナス制度」を利用して育児休業を取得した人が増加したと考えられる。

■男女別育児休業取得者と男性が占める割合
kimchart1.png
出所)雇用労働部(雇用保険DB資料)から筆者作成

プロフィール

金 明中(ニッセイ基礎研究所)

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。

ニュース速報

ワールド

原油先物2%安、中国都市封鎖など懸念 週間では3週

ワールド

コロナワクチン接種、海外渡航の条件にならず WHO

ビジネス

米FRB、資産購入継続 新たな景気対策歓迎=ボスト

ビジネス

仏政府が拒否、カナダのコンビニ大手によるカルフール

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!