コラム

中途半端な「緊急事態宣言」は、守りたいはずの経済にも逆効果か

2021年01月13日(水)11時44分
中途半端な「緊急事態宣言」は、守りたいはずの経済にも逆効果か

ISSEI KATOーREUTERS

<前回より緩い宣言は経済に大きな打撃を与えないとも言われるが、長期的には必ずしもそうではない>

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることから、政府は2度目の緊急事態宣言に踏み切った。経済の落ち込みが懸念されるが、前回と比較して規制の内容が緩く、それほど大きな影響を与えない可能性もある。

昨年の大みそかにおける新型コロナウイルスの新規感染者数(東京都)は、これまでの水準を大きく超える1337人と衝撃的な結果になった。事態を重くみた菅義偉首相は正月返上で対応に当たったが、2日には小池百合子東京都知事をはじめ1都3県の知事が政府に緊急事態宣言の発令を要請。知事らに押し切られる形で、政府は緊急事態宣言の発令に踏み切った。

昨年は地域別に1カ月から1カ月半にわたって発令され、2020年4~6月期の実質GDPは記録的な落ち込みとなった。今回はとりあえず1都3県のみが対象(編集部注:13日には大阪、愛知など7府県にも拡大される見通し)だが、それでも日本全体のGDPの約3割を占めるため首都圏の消費が停滞する影響は大きいだろう。

日本の消費者は1カ月当たり約20兆円の支出を行っているが、不要不急の外出が制限されると、必需品しか購入しなくなるため、統計上はおおよそ半分の消費がストップする。単純に1都3県で個人消費が半分になった場合、1カ月当たりの減少額は約3.3兆円と計算される。

昨年の緊急事態宣言では1カ月当たり10兆円の消費が失われたので、大ざっぱに言えば、前回の3分の1程度の影響が予想される。

感染拡大を防止する効果は薄い?

一方で、今回の宣言では大きなマイナスにはならないとの見方もある。対象が1都3県に限定され、施設の使用制限も基本的に飲食店が中心であることから、事実上、首都圏の飲食店を対象にした営業自粛要請にすぎないとの解釈も可能だ。

そうなると日常的なビジネスは今までどおり維持されるので、影響は特定業種に集中することになる。飲食店にとっては大打撃なので、十分な支援策が必要だが、全国民に10万円を給付した前回のような大型の支援策も検討されない可能性が高いだろう。

もっとも、今回の宣言が経済的に大きな打撃を与えないのであれば、疫学的には、感染拡大を抑止する効果が薄いことを意味している。感染症の専門家のほとんどが、人の移動が増えるとその分だけ感染が拡大すると指摘している。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、資産購入継続 新たな景気対策歓迎=ボスト

ビジネス

仏政府が拒否、カナダのコンビニ大手によるカルフール

ワールド

世界のコロナ死者200万人突破、増加ペース加速

ビジネス

英コロナ変異種、3月までに米国で主流に 10州で確

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!