コラム

中国政治の暑い夏と対日外交

2016年08月18日(木)17時00分

 こうした認識にもとづけば、この夏から来年の秋までの1年あまりの時間、中国の政治指導者の主要な関心は内政に傾き、中国の対外行動は内政に強く引きずられることになる。


権力をどう継承するか

 7月26日の報道によれば、中央政治局会議は、今秋の中央委員会総会の議題として政治権力の継承のありかたをめぐる問題をセットした。

「政治権力の継承」。これは一貫して中国政治の中心的な課題である。1980年代からはじまる改革開放路線下の中国政治には、後継者の選定を含めた人事制度(政治エリート同士の関係のあり方)をめぐって、一つのコンセンサスがあった。「文化大革命の再演を防ぐ」である。

 中国共産党は、この文化大革命を「指導者が誤って発動し、反党集団に利用され、党と国家各民族に大きな災難である内乱」と評価している。この「指導者」が毛沢東であり、「反党集団」が林彪や四人組だ。

 この文化大革命の再演を防ぐため、1980年代以来の中国政治は、個人の指導者への権力の過度の集中を如何に防ぐか、その制度化を中心的な課題と位置付けてきた。

【参考記事】歴史を反省せずに50年、習近平の文化大革命が始まった

 たとえば中国共産党は、国家主席や国務院総理や副総理、全国人民代表大会常務委員会委員長(国会議長に相当)などの任期制限(2期10年まで)を憲法(1982年制定)に規定した。また、明文化はされていないが(少なくとも海外の中国研究者はそれを把握していない)、中国共産党の最高意思決定機関である政治局常務委員会の構成員(いわゆる、チャイナ・セブン)の定年と任期制限がある、といわれている。

 中国共産党は、そうした精神を、1980年2月の中央委員会総会で「党内の政治生活に関する若干の準則」(「準則」)として確認している。同準則のなかで提起された政治原則のひとつが「集団指導体制の堅持と、個人専制の反対」であった。もちろん、その取り組みが成功しているかどうかの評価は別だ。

導き出される仮説

 7月26日の新華社通信の報道は、習近平政権がこの制度に手をつけようとしていることを、明らかにした。政治局会議は、「新しい情勢下の党内の政治生活に関する若干の準則」(「新しい準則」)の制定を10月の中央委員会総会の議題とすることを決定した。1980年2月の「準則」を「新しい情勢」に則したものに変更するというのである。

プロフィール

加茂具樹

慶應義塾大学 総合政策学部教授
1972年生まれ。博士(政策・メディア)。専門は現代中国政治、比較政治学。2015年より現職。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター客員研究員を兼任。國立台湾師範大学政治学研究所訪問研究員、カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所中国研究センター訪問研究員、國立政治大学国際事務学院客員准教授を歴任。著書に『現代中国政治と人民代表大会』(単著、慶應義塾大学出版会)、『党国体制の現在―変容する社会と中国共産党の適応』(編著、慶應義塾大学出版会)、『中国 改革開放への転換: 「一九七八年」を越えて』(編著、慶應義塾大学出版会)、『北京コンセンサス:中国流が世界を動かす?』(共訳、岩波書店)ほか。

ニュース速報

ワールド

中国・新疆の企業、強制労働疑惑で外国人研究者を提訴

ワールド

仏首都圏の封鎖検討せず、コロナ変異種で医療逼迫=保

ワールド

中国、新型コロナワクチン接種証明書の発行開始 海外

ワールド

デジタル関連法案の資料で多数の誤字、大変遺憾=官房

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大企業に派遣で入り、34歳で執行役員になった男が日本企業の「決められない」体質から学んだこと

  • 4

    3.11被災地を取材し続けてきた櫻井翔が語る「記憶」…

  • 5

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも…

  • 6

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    マスクを燃やせ!米アイダホ州で着用義務化に抗議 …

  • 9

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 10

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!