コラム

リエンジニアリングCHINA 加茂具樹
リエンジニアリングCHINA 加茂具樹

中国政治の暑い夏と対日外交

<尖閣諸島周辺に終結した中国船は何を意味するのか。折しも中国は7月下旬に内政の季節に入った。5年に一度の党大会が行われる来年秋までは、中国の

2016.08.18
リエンジニアリングCHINA 加茂具樹

中国は日本を誤解しているのか

<日本人は中国を警戒しながらも、中国との協力なくして日本は生きていけないことも理解している。それなのに中国政府はなぜ不満を露わにし、要求をつ

2016.05.27
リエンジニアリングCHINA 加茂具樹

習近平、集中化と民主化の境界線

 中国政治は習近平中国共産党総書記への集権化の道を歩んでいる。そうした中国政治について、習総書記への個人崇拝化がすすんでいる、あるいは毛沢東

2016.04.26
リエンジニアリングCHINA 加茂具樹

「核心」化する習近平

政治的権威の強化急ぐ  今年の1月半ば以来、中国の地方各紙の紙上には、地方政治指導者がこぞって習近平を「核心」と呼ぶ記事が掲載された。1月中

2016.02.04
リエンジニアリングCHINA 加茂具樹

関係改善のその先にある日中関係

 2015年の日中関係は、関係の改善にむけて歩みはじめた一年であった。言論NPOと中国国際出版集団が2015年8月と9月に日中の両国民を対象

2015.12.29
リエンジニアリングCHINA 加茂具樹

人民解放軍を骨抜きにする習近平の軍事制度改革

「政治権力は銃口から生まれる」。毛沢東が語ったこのきわめて明快な権力観は、習近平の中国でも生きている。習近平は、2012年11月に中国共産党

2015.12.10
リエンジニアリングCHINA 加茂具樹

習近平、生き残りを懸けた2つの政治ゲーム

「リエンジニアリングCHINA」と題する本コラムは、中国政治を理解すること、すなわち政治権力を中心としてみた現代中国を描いてゆく。  中国政

2015.11.25
  • 1

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 6

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 7

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 8

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 9

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 10

    米朝会談「アメリカは高潔・聡明、敵はクレイジー」…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!