コラム

コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

2020年05月26日(火)18時20分

警察が職務質問したり取り締まったりすることが増えるのかと思ったが、驚くほどルールを破る人がいない Henry Nicolls-REUTERS

<以前からケチくさい軽犯罪やルール違反が目に余る状態になっていたイギリスだから、ロックダウンでも規制に従わない人が続出して警察は大忙しになるのではと予想していたが......>

ロックダウン(封鎖措置)の規制に、イギリス人がかなりしっかりと従っていることには驚かされている。以前に一度、僕が住んでいる街(とイギリス全国共通)でうんざりするほど「しょっちゅう」目にする、ケチくさいルール違反や法律違反について書いたことがある

だから今回のロックダウンが発表されたときは、誰もがあれやこれやと理由をつけて、細かいところで規制を破るだろうと想像していた。「リスクにさらすのはどうせ自分の健康だろう」とか、「友人1人に会うくらい、そんなに危険なわけがない」とか、「ほんのちょっとのズルじゃないか」といった言葉で自分を正当化するだろう、と。ロックダウンが長引くほど、ルール破りはひどくなっていくのでは、と僕は考えていた。

公平を期すために言えば、全ての規制に当然従うとは考えないほうがいい人たちだっている。別々に暮らしている若い恋人たちに、何週間もずっと会うな、ましてや触れるなと言っても難しいだろう。食事や睡眠と同じくらい友達と過ごす時間が重要なティーンエージャーもそうだ。あるいは、特別な記念日を迎える人とか(僕みたいに、1人だけ友人を招いて距離を置いて座ってでもいいから一緒にビールを飲みたい衝動に駆られているに違いない)。

警察官はさぞ忙しくなるだろうと僕は想像した。せっせと公園をパトロールしては少人数のグループを追い払い、通りで人々を呼びとめてはどのくらい外出していたのかを職務質問し、数人で歩いている人には身分証明書を提示させて同じ家に住む家族かどうか確認する――。

イギリスの警察制度の根幹を成す、「同意を得たうえでの取り締まり」(「巡回中のおまわりさん」が銃器を携行していないのもこのためだ)には非常にリスクがある、とさえ指摘するコメンテーターもいた。

当初はパニック買いも起こったが

イギリス人は一般的に、警察のことを、政府の定める法律順守にひたすら尽力する敵対勢力とは考えず、自分たちの面倒を見てくれる「友人」と見なしている。今回、人々が懸念したのは、市民が嫌がる規則を守らせるため、警察が路上で市民を呼び止めたり罰金を科したりし、そのために警察が人々から支持を得られなくなるのでは、ということだった。

だが、多くの人々がロックダウンとはどういうものなのかちゃんと把握していなかった最初の数日を除いて(例えば日課の散歩をするために風景がきれいな場所まで何キロもドライブしてしまうような人もいた)、懸念していたようなことは全く起きなかった。僕の自宅の窓から外を見ると、みんなが必要最低限の外出しかしないために、いつもは満車状態の僕の家の前の駐車場は、空になっている。僕が近所で外出しても、ほとんど誰もいない。人々はすれ違う時、互いにほぼ無意識で2メートルの距離を取って避け合う。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

福島・栃木県の重点措置要請、速やかに判断へ=西村再

ビジネス

現段階で補正考えずと麻生財務相、コロナ感染増減「見

ワールド

韓国、デルタプラス型のコロナ感染2人を確認 渡航歴

ワールド

菅総裁を今すぐ代える意義見つからない=自民総裁選で

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    元男性が女子の重量挙げに出るのは不公平じゃないの? 五輪史上初のトランスジェンダー選手にくすぶる批判

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 6

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    人生はほとんど運。運が良い人・悪い人の決定的な差…

  • 10

    「一度壊れると元には戻らない」 コロナに打ち勝つ免…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中