コラム

誰かが本当の勇敢さを見せるとき

2020年03月31日(火)19時00分
誰かが本当の勇敢さを見せるとき

自身が犯罪の目撃者になったことと殺人事件を追うBBCの番組を見たことで、人の勇敢さについて考えさせられた Easyturn/iStock.

<犯罪の目撃者になって分かった――人は自分が思っているより臆病かもしれないし、他人が考えているより勇敢かもしれない>

数週間前、僕はある事件の目撃者になった。肌寒い午後、ロンドンのリージェンツ運河沿いを歩いていたとき、若い男性が理由もなく、酔っぱらいのチンピラたちに川へと突き落とされたのだ。必然的に僕は、この男性に付き添って警察官の到着を待ち、彼の身に異変がないか気を配り、警察が来てからは犯人たちの風貌を説明して、見つけられそうな場所を伝えた。彼らがきっと飲み直しているだろうと検討のつくパブが、運河沿いに2、3分歩いたところにあった。

でもその後、また散歩を始めるうちに心配になってきた。あのグループに万が一また出くわしたら大変だから、散歩をやめようかと思った。次に会ったら彼らは僕を川に突き落とすか、叩きのめすだろう。かなりのならず者たちだった......たぶん、次のバスに飛び乗って、どこでもいいから2つか3つ先のバス停まで行っておくべきかもしれない......。他の人たちは立ち去ったのに、なんで僕は警察に供述なんてしたんだろう? 裁判になって、証人として呼ばれたらどうする? 僕の顔も名前も彼らに分かってしまうだろう......。

起こるはずのないシナリオが、次々と頭に浮かんだ。あのアクセントと服装から見て彼らはおそらく、争いごとが大好きと評判の「(少数民族の)アイルランド系トラベラーズ」の若者グループではないかと僕は考えた。彼らがそうだとして......いかにもアイルランド系の姓を持つ僕が「密告した」と知って、もしも彼らが激怒したらどうなるだろう......。

僕は怖くなり、怖くなった自分が恥ずかしくなった。自分は臆病者だと認めざるをえなかった。僕は勇敢な人たちを尊敬しているが、その仲間には入れそうにない。

僕が強く思うのは、人が勇気を見せるのは、いつどんなときか分からない、ということ。権力を持ち庇護されている人々が、実は情けないほど臆病だと判明するかもしれない。見るからに「普通」の人が、とびきり勇敢かもしれない。そんなことを考えたのは、最近BBCで、殺人事件の捜査をする警察を追いかけた素晴らしいドキュメンタリーを見たからだ。

アルコール依存症のホームレスの彼がしたこと

このドキュメンタリーの表向きのテーマは、事件解決のためにさまざまなタイプの捜査官がいかに協力しているか、というものだった。ドラマのような「直感を頼りに動く一匹狼の刑事」とはほど遠く、むしろ専門家たちが結集して、時間と戦いながら捜査を進める。法医学者の分析もあれば、戸別の聞き込みもあり、武装警官による手入れや、携帯通話の追跡、容疑者の尋問や、染みにすらならない小さな血痕を嗅ぎ当てる警察犬とその相棒の指導手もいる。おもしろいドキュメンタリーだったが、そこからは別の論点も感じ取れた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

豪NSW州でクラスター発生、新型コロナ第2波への懸

ワールド

サンディエゴの米海軍基地の艦船で爆発・火災、乗員2

ビジネス

英政府、今年秋に減税・自由港構想を発表へ=テレグラ

ビジネス

独政府、必要ならコロナの打撃受けた企業の株式取得=

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 9

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 10

    日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!