ニュース速報

ワールド

香港議会、映画の検閲強化する条例可決 「国家の安全守る」

2021年10月27日(水)18時09分

10月27日、香港立法会(議会)は「国家の安全を守る」ことを目的に映画の検閲を強化する条例を可決した。香港の映画館で撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 27日 ロイター] - 香港立法会(議会)は27日、「国家の安全を守る」ことを目的に映画の検閲を強化する条例を可決した。映画産業の創造性を破壊し、市民の自由をさらに奪うとの批判が出ている。

香港政府は「国家の安全を危険にさらす行為を支持、支援、美化、奨励、扇動する」とみなされるコンテンツを対象にしていると説明した。

「国家安全保障上の利益に反すると判断された」場合、政府のナンバー2である政務長官は映画のライセンスを取り消すことができるとしている。

違反した場合には3年以下の禁固と100万香港ドル(12万8400米ドル)以下の罰金が科せられる。

邱騰華(エドワード・ヤウ)商務・経済発展局長は立法会で「目標は非常に明確だ。映画の検閲制度を改善し国家安全保障を脅かす行為を防ぐことだ」と述べた。

香港浸会大学のケニー・エン准教授は「法案に国家安全保障の条項を加えることは明らかに政治的な検閲で強引なやり方だ。映画産業は適応するのに時間がかかる」と述べた。

映画監督のキウイ・チョウ氏は「創作の自由」を低下させることで香港の映画産業に打撃を与えると指摘。「自己検閲を悪化させ、映画製作者の恐怖心をあおることになる」と語った。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ESG関連ファンド、30年度までに2─3兆円に=り

ワールド

次のパンデミック、致死性コロナ以上の恐れ=オックス

ビジネス

22年の中国経済、妥当な範囲内に維持=共産党中央政

ワールド

日本の警察に人種プロファイリングの疑い、米大使館が

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中