ニュース速報

ワールド

OPECプラスが会合を3日に延期 生産体制巡り見解に相違=関係筋

2020年12月01日(火)08時52分

アルジェリアのアッタール・エネルギー相は30日、この日の石油輸出国機構(OPEC)会合で、現行の減産規模を来年3月末まで延長すべきとの考えで一致したと明らかにした(2020年 ロイター/Ramzi Boudina)

[ドバイ/ロンドン/モスクワ 30日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は、2021年の生産体制を話し合う会合を1日から3日に延期した。3人の関係筋が30日、明らかにした。

新型コロナウイルス流行で原油需要が低迷する中、適切な生産水準について主要産油国の間でなお見解の相違があるという。

OPEC加盟国は30日に会合を開き、現行の減産規模を来年3月末まで延長することで合意に近づいた。これにロシアなども加えたOPECプラス会合は1日1300GMT(日本時間午後10時)に予定されていた。

OPECプラスは来年1月から減産幅を日量200万バレル縮小する方針だったが、関係筋によると、新型コロナ流行が原油需要を抑える中、現行の日量770万バレルの協調減産を21年の当初の数カ月は継続する方向で検討を進めてきた。サウジアラビアもこの案を支持しているという。

ただOPECプラスが閣僚会議を前に29日に実施した予備協議は物別れ。関係筋は、ロシアが来年1月からOPECプラスが毎月日量50万バレルずつ増産することを提案したとしている。

また、OPEC加盟のアラブ首長国連邦(UAE)はメンバー国が減産合意を順守する場合のみ、減産幅維持を支持する立場を示唆したため、協議の先行きを巡る不透明感がさらに高まった。

このほか、30日のOPEC会合でサウジアラビアのエネルギー相を務めるアブドルアジズ王子が、OPEC合同閣僚監視委員会(JMMC)の共同議長を辞任すると表明したことが、複数のOPEC関係筋の話で明らかになった。辞任の理由は明らかになっていない。

ロシア大統領府のペスコフ報道官は、ロシアとOPECとの見解の相違は今年初めほど大きくないとしながらも、OPECプラス会合を前にプーチン大統領がサウジアラビア政府指導部と電話会談を行う計画はないと表明した。これまではこうした電話会談が交渉妥結につながるケースがあった。

ドイツ銀行はリポートで、OPECが現行の減産体制継続で合意できない場合、北海ブレント原油先物は最大で10%急落する可能性があると予想。

原油相場は先週、新型コロナワクチンやOPECプラスの増産見送りへの期待感から大幅に上昇した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米首都ワシントン厳戒態勢、史跡閉鎖や検問所設置 就

ワールド

原油先物2%安、中国都市封鎖など懸念 週間では3週

ワールド

コロナワクチン接種、海外渡航の条件にならず WHO

ビジネス

米FRB、資産購入継続 新たな景気対策歓迎=ボスト

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!