ニュース速報

ワールド

バイデン氏、外交面の主要人事発表 国務長官にブリンケン氏

2020年11月24日(火)16時26分

米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領(左)は23日、国務長官にアントニー・ブリンケン氏(左から2番目)、国家安全保障担当の大統領補佐官にジェイク・サリバン氏、国連大使にリンダ・トーマス・グリーンフィールド氏を起用する人事を発表した。2013年11月撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ウィルミントン(デラウェア州)/ワシントン 23日 ロイター] - 米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は23日、国務長官にアントニー・ブリンケン氏、国家安全保障担当の大統領補佐官にジェイク・サリバン氏、国連大使にリンダ・トーマス・グリーンフィールド氏を起用する人事を発表した。

また、国土安全保障省長官には、オバマ政権で同省副長官を務めたキューバ系米国人弁護士のアレハンドロ・マヨルカス氏、気候変動を担当する大統領特使にはジョン・ケリー元上院議員を指名した。ケリー氏は民主党の元大統領候補で、オバマ政権で国務長官も務めた。

ブリンケン氏はバイデン氏の長年の朋友で、オバマ政権で国務副長官や、国家安全保障担当の大統領副補佐官を務めた。ブリンケン氏をよく知る人物によると、ブリンケン氏は「外交官中の外交官」で、思慮深く、話し方は比較的穏やかだが、政策に精通しているという。

サリバン氏はオバマ政権の大統領副補佐官や、2016年の大統領選で民主党候補ヒラリー陣営の上級政策顧問を務めた。

トーマス・グリーンフィールド氏は黒人女性で、オバマ政権で国務次官補(アフリカ担当)を務めた。

マヨルカス氏は、国土安全保障長官に就任すれば中南米系および外国出身者では初めてとなる。24日に61歳になる同氏はハバナで生まれ、およそ1歳の頃に家族とともに共産党が統治するキューバから逃れてきた。

オバマ政権で市民権・移民となる局(USCIS)局長を務め、幼少期に米国に連れてこられて不法移民になった「ドリーマー」の在留を認める措置「DACA」の導入を主導した。DACAに共和党は批判的で、マヨルカス氏が指名された場合、上院で同党が反対してもおかしくない。

ケリー氏の任命に上院の承認は不要。バイデン陣営によると、ケリー氏は米国家安全保障会議(NSC)のメンバーに加わる予定。政府の高官がNSC内で気候変動の担当となるのは初めて。ケリー氏は気候変動問題を「世界で最も恐ろしい大量破壊兵器」と捉えており、気候変動への取り組みに協力が必要と訴えた。

また昨年、気候変動に取り組むために世界の指導者や著名人からなるグループ「ワールド・ウォー・ゼロ」を立ち上げた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

比大統領が娘の後継説を否定 「大統領は女性の仕事で

ビジネス

アングル:米制裁対象の中国企業株、欧州・アジア投資

ワールド

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束

ビジネス

米、インテルなどにファーウェイ向けライセンス取り消

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!