ニュース速報

ワールド

アゼルバイジャン民族紛争激化、ロシアとトルコ巻き込む対立懸念

2020年09月29日(火)07時45分

旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアの間で勃発したナゴルノカラバフ地域を巡る紛争は、事態が悪化すればロシアとトルコを巻き込んだ地域紛争に発展する恐れがある。写真はアルメニアに抗議するトルコ在住アゼルバイジャン人ら。イスタンブールで7月撮影(2020年 ロイター/MURAD SEZER)

[エレバン/バクー 28日 ロイター] - 旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアの間で勃発したナゴルノカラバフ地域を巡る戦闘は28日、一段と激化し、双方がロケット弾などで攻撃を続ける中、少なくとも55人が死亡した。

事態が悪化すれば、アルメニアと防衛協定を結んでいるロシアとアゼルバイジャンのトルコ系住民を支援するトルコを巻き込んだ地域紛争に発展する恐れがある。

ナゴルノカラバフ当局によると、アゼルバイジャンの攻撃により28日にナゴルノカラバフの兵士53人が死亡した。27日には31人が死亡、約200人が負傷したとしている。

アゼルバイジャン当局は28日に一般市民2人が死亡したと発表。27日には5人が死亡、30人が負傷した。アゼルバイジャン軍の負傷者については公式な情報はない。

ナゴルノカラバフ指導者のアライク・アルトゥニアン氏は記者会見で「これは生きるか死ぬかの戦争だ」と述べた。

アゼルバイジャンでは27日の戒厳令発令に続き、この日は部分的な軍隊動員が宣言された。アルメニアとナゴルノカラバフでも27日に戒厳令が敷かれ、アルメニアでは18歳以上の男性の出国が禁止されている。

クライシス・グループの南コーカサス地域担当シニアアナリスト、オレーシャ・バルタニヤン氏は「1990年代の停戦以降、このような戦闘は発生しなかった。全ての前線で戦闘が行われている」と述べた。

その上で、ロケット弾などによる攻撃が行われていることで、一般市民が巻き添えになる危険性が増しており、事態悪化阻止に向けた外交努力が困難になる恐れがあると指摘。「大勢の死傷者が出れば、事態の抑制は極めて難しくなり、トルコもしくはロシアが介入する全面的な戦争に発展するのは必至だ」と述べた。

こうした中、ロシアは双方に即時停戦を求めた。

トルコのエルドアン大統領は、アルメニアに対し直ちにアゼルバイジャンから撤収するよう要請。ナゴルノカラバフ問題に決着を付ける時が来たと述べた。

英国のジョンソン首相はこの日、トルコのエルドアン大統領と電話会談を行い、この問題について協議。英首相府は、英国がナゴルノカラバフを巡る紛争の収束を呼び掛けているとした。

アルメニア議会は、アゼルバイジャンによるナゴルノカラバフへの「全面的な軍事攻撃」を非難。アルメニア外務省の報道官は、トルコがアゼルバイジャンにドローンや戦闘機を提供し、トルコの軍事専門家が戦闘に加わっていると主張した。アゼルバイジャンはこれを否定、トルコは現時点でコメントしていない。

ただ、エルドアン大統領やトルコ政府高官はこれまでに、アゼルバイジャンへの支援を表明している

1990年代のナゴルノカラバフ紛争では、アルメニアとアゼルバイジャンの双方で大勢の難民が発生した。

新たな衝突を受け、石油・天然ガスの重要輸送路に当たる南コーカサス地方の政情不安定化を巡る懸念が再燃している。

*内容を追加しました

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米、1日当たりのコロナ感染8万4000人 過去最多

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 5

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送…

  • 7

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    韓国と中国、通貨スワップ協定の5年延長で合意=韓国…

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 4

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 5

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 9

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 10

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!