ニュース速報

ワールド

仏新首相にカステックス氏、マクロン大統領再選見据え立て直し

2020年07月04日(土)05時36分

 7月3日、マクロン仏大統領の内閣改造を前にフィリップ首相が辞任した。パリのエリゼ宮で6月29日、代表撮影(2020年 ロイター)

[パリ 3日 ロイター] - フランスで3日、フィリップ首相率いる内閣が総辞職した。2022年の再選出馬が見込まれるマクロン大統領は政権を立て直し、有権者の信頼回復を目指す。

マクロン大統領は後任の首相にサルコジ元大統領に近い官僚出身のジャン・カステックス氏を任命した。カステックス氏は55歳。中道右派で、新型コロナウイルス感染拡大抑制策の緩和を指揮した。

カステックス氏は「経済危機はすでに到来している」とした上で、「発展を最優先課題に掲げ、そのための協力方法を確立していく必要がある。国が一丸となってこの危機に立ち向かっていかねばならない」と訴えた。

大統領府の声明によると、新たな内閣が発足するまでフィリップ首相率いる内閣が職務を継続。ルメール経済・財務相が続投するか注目されている。

マクロン大統領による内閣改造の動きは、大統領率いる与党が6月28日の統一地方選で大敗を喫したことを受けたもの。複数の側近によると、次の大統領選挙までわずか21カ月となる中、マクロン大統領は態勢立て直しを図りたい考え。

リスク・コンサルティング会社テネオのアントニオ・バローゾ氏は、カステックス氏の任命について「無名の官僚を起用することで、今後の政策運営を完全に掌握したいというマクロン氏の思惑がうかがえる」と分析した。

複数の政治アナリストによると、マクロン大統領よりも人気があるフィリップ首相を交代させるのは大統領にとって賭けとなる。首相は一連の混乱期に確固たる忠誠を示していたほか、2022年に大統領選のライバルとして浮上する可能性がある。

ただ、マクロン氏の側近らによると、同氏とフィリップ氏の関係は円満だという。フィリップ氏は今後、マクロン氏の支持率回復に協力するとみられている。ある政府幹部は「マクロン氏に対するフィリップ氏の忠誠心が損なわれたわけではない」と強調した。

*情報を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発し420円高、米株高を好感 修正買い

ビジネス

楽天、1-6月期は274億円の純損失 売上収益予想

ビジネス

ソフトバンクG、20年4―6月期純損益は1.25兆

ビジネス

街角景気、7月は前月比+2.3ポイント 企業・雇用

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!