ニュース速報

ワールド

英政府、ロシア外交官23人を国外退去 元スパイ暗殺未遂受け

2018年03月15日(木)10時44分

 3月14日、英国のメイ首相は、23人のロシア外交官に国外退去を要請する方針を明らかにした。写真はロンドンで同日撮影(2018年 ロイター/Parliament TV handout via REUTERS)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英国のメイ首相は14日、英南西部ソールズベリーで今月、元二重スパイのロシア人男性とその娘に軍用神経剤が使用された事件を巡り、23人のロシア外交官に国外退去を要請する方針を明らかにした。

米政府も英国の決定に支持を表明した。

この事件は、ロシアと英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリア氏(33)が4日に意識不明の重体で見つかったもの。英当局者は、事件で使用された神経剤が1970─80年代に旧ソ連軍が開発した神経剤「ノビチョク」だったと特定した。

英国はロシアに対し事件についての説明を求めていたが、ロシアは関与を完全に否定。メイ首相は議会で、回答期限の14日深夜までにロシア側から信頼できる説明はなかったことを明らかにし、「ロシアの対応は、事件の深刻さを完全に軽んじる姿勢の表れ」と批判。「軍用神経剤が欧州で使用されたことに、皮肉や軽蔑を帯びた挑戦的な態度で応じた」と述べた。

その上で、スクリパリ氏に対する殺人未遂事件と、事件で使われた神経剤にさらされ重体となった警察官への被害の責任はロシア政府にあるとの結論以外は考えられないとした。「これはロシア政府による英国に対する違法な武力行使に相当する」と述べた。

メイ首相によると、国外退去となる23人の外交官は申告されていない情報部員で、1週間内に英国を離れる必要がある。1度の国外退去処分としては過去約30年間で最大規模で、ロシアの英国内での情報収集能力は長年にわたり阻害される。

メイ首相はこのほか、「英国民や英住民の生命や資産を脅威にさらすために利用される恐れがあるとの証拠」が得られた場合、ロシア政府の資産を凍結する方針も示した。

また、6―7月にロシアで開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)に英国の閣僚、および英王室のメンバーは出席しないことも明らかにした。

ロシア外務省は英国の措置に対し、近く報復措置を発表することを明らかにした。

米ホワイトハウスは声明を出し、責任の所在はロシアにあるとした英国の判断やロシア外交官を国外退去とするメイ首相の決定を支持すると表明。

ヘイリー米国連大使は、国連安全保障理事会に対し、「即時にこの問題に対する具体策」を講じるよう求めた。

トランプ米大統領とメイ首相は13日に電話会談した際、ロシアが開発した化学物質が事件で使用されるまでの経緯について、ロシア政府は「明確に説明」する必要があるとの見解で一致していた。

ただ、英王立国際問題研究所(チャタムハウス)のロシア専門家、マシュー・ブルゲ氏は、メイ首相が決定した措置は「強硬な対応ではなく、穏健だ」と指摘。「ロシアを抑止することにはならない」と分析した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!