ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ティラーソン国務長官を更迭 後任に強硬派ポンペオ氏

2018年03月14日(水)08時56分

 3月13日、トランプ米大統領はティラーソン国務長官(写真左)を更迭し、後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官(右)をあてると発表した。写真はそれぞれ今年3月と2月に撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst (L) Aaron P. Bernstein (R) )

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、ティラーソン国務長官を更迭し、後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官を充てると発表した。

トランプ、ティラーソン両氏の間で、北朝鮮やロシア、イラン政策を巡って意見の食い違いが表面化していた。

更迭人事は、ツイッターで明らかにした。CIA長官の後任にはハスペル副長官がつく。

トランプ氏はホワイトハウスで「長い間話し合ってきたことだ」「われわれは実際には非常にうまくやってきたが、複数の案件で意見が異なった」と説明。イラン核合意を見解不一致の一例に挙げた。

一方、ポンペオ氏の思考プロセスは自身と似ているとした。

国務省高官らによると、ティラーソン氏は更迭理由を把握しておらず、職にとどまる意向を示していたという。

ホワイトハウス高官は、トランプ氏が9日、ティラーソン氏に退任を求めたが、アフリカ訪問中に発表しない考えだった。

ティラーソン氏がワシントンに戻ったわずか数時間後に、トランプ氏がツイッターで発表した。

ポンペオ氏は政権内の体制支持者とみられており、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長との会談予定や貿易交渉を控え、国務長官に据える意向を示していたという。

トランプ、ティラーソン両氏の間には、これまでもたびたび見解の不一致がみられていた。昨秋にはティラーソン氏がトランプ氏を「ばか」と呼び、辞任を検討していると報じられ、両者の緊張関係がピークに達した。

トランプ氏が先週、北朝鮮の金委員長と初会談を行う意向を表明した際、ティラーソン氏には知らされなかったもようだ。

トランプ氏は「ポンペオCIA長官が、新しい国務長官に就任する。素晴らしい手腕を発揮してくれるだろう!ティラーソン氏にはこれまでの貢献に感謝したい!ハスペル氏が新しいCIA長官に就く。女性初だ。みんな、おめでとう!」と述べた。

ポンペオ氏は陸軍出身の元下院議員で、トランプ氏に忠実とみられている。

ホワイトハウス高官によると、トランプ氏は金委員長との会談前に自身の新しいチームを整えたかったという。

ティラーソン氏は国務長官としての任期は今月31日に切れるとしつつ、13日の終りに自身の責任をサリバン国務副長官に委譲すると述べた。

ティラーソン氏は記者会見で「米国が著しい政策課題および国家安全保障を巡る問題に直面する中、秩序ある円滑な移行を確実にすることが最も重要だ」と語った。

評論家は、米朝首脳会談を控える中での国務長官更迭に失望を表明。後任のポンペオ氏がトランプ氏にイラン核合意の破棄を促したり、北朝鮮に強硬姿勢を取るよう勧めたりすることを懸念している。また、今回の更迭でトランプ政権が一層不安定になる可能性があると指摘した。

ハートランド&Co(ニューヨーク)のシニア・マネジングディレクター、ジム・アワド氏は「ポンペオ氏は通商・外交政策で真のタカ派として知られている。トランプ氏に対してチェックアンドバランスの役割を果たす人物が誰もいない」と述べた。

米国の元外交官で、ジョージ・W・ブッシュ政権時に北朝鮮問題に取り組んだエバンズ・リビア氏は「ポンペオ氏はイラン核合意の反対派として知られ、同合意崩壊の見方が浮上しており、トランプ政権が近いうちに1つではなく、2つの核危機に直面する可能性が強まっている」と述べた。

*内容を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは110円後半、「111円台でいったん天

ビジネス

中計は拡大路線、6年後預かり資産100兆円=中田・

ワールド

首相は先頭に立ち説明責任尽くして欲しい=加計疑惑で

ビジネス

前場の日経平均は小反落、2万3000円近辺でもみあ

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 6

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!