ニュース速報

ビジネス

世界的な課題解決へ「日米連携」と鈴木財務相、インフレ懸念にも言及

2021年11月30日(火)10時45分

11月30日、鈴木俊一財務相は、イエレン米財務長官との初めての会談後に記者団に対し、「グローバルな課題の解決に向けた日米連携について意見交換した」と述べた。写真は両国の国旗。2016年11月、ニューヨークで撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

[東京 30日 ロイター] - 鈴木俊一財務相は30日、イエレン米財務長官との初めての会談後に記者団に対し、「グローバルな課題の解決に向けた日米連携について意見交換した」と述べた。イエレン氏が米国内の状況を説明する中で、インフレ懸念に言及したことも明らかにした。

会談はオンライン形式で行われた。鈴木財務相は、岸田新政権下の経済財政政策の方向性を説明した。成長と分配の好循環を実現するため、財政支出55.7兆円の新たな経済対策をまとめたことも紹介した。

両財務相は、世界銀行の第20次増資(IDA20)の来月会合を成功に導くことや、歴史的合意を果たした国際課税の着実な実施に向け、日米が連携することも確認。鈴木財務相は「今回、イエレン長官とビデオ会談を行い、個人的な信頼関係を築けたことは非常に有意義だった」と述べた。

一方、新たな変異ウイルス「オミクロン株」を念頭に、「将来のパンデミック(世界的大流行)への備えを強化するために日米間の協働は決定的に重要で、イエレン長官と連携を密にしていきたいと申し上げた」とも語った。

インフレ懸念を巡って「米国内での様々な状況説明の中で(話が)出た」ことも明らかにした。会談では為替に関する議論はなかった。

米財務省は会談後に発表した声明で「(イエレン長官は)インド太平洋や世界における共通の優先課題を巡る日米間の継続的な連携を歓迎した」と説明。

「長官は二国間関係を引き続き強化し、パンデミックからの広範かつ持続的な回復を支援するなど、共通の利益を推進するために日本と緊密に協力することを期待している」とした。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

政府分科会、18道府県のまん延防止追加を了承 きょ

ワールド

豪フォーテスキュー、10─12月鉄鉱石出荷は2%増

ワールド

米、UAEなど15カ国・地域に渡航中止勧告 コロナ

ワールド

途上国の債務返済、過去20年で最大に=慈善団体

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中