ニュース速報

ビジネス

英中銀、マイナス金利導入なら景気支援に貢献=テンレイロ委員

2020年12月01日(火)01時45分

イングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のテンレイロ委員は30日、英中銀によるマイナス金利政策導入はポンド相場の下落、資産価格の上昇、銀行融資の拡大につながり、景気支援の一助になる公算があるとの考えを示した。英中銀の外観。25日撮影(2020年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 30日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のテンレイロ委員は30日、英中銀によるマイナス金利政策導入はポンド相場の下落、資産価格の上昇、銀行融資の拡大につながり、景気支援の一助になる公算があるとの考えを示した。

シンクタンクのリゾリューション・ファンデーションに対し「マイナス金利政策を導入した他の欧州諸国を見ると、銀行融資を通した金融政策伝達が機能している証拠が示されている」とし、「為替相場や資産価格といった銀行融資以外の伝達経路も機能すると考えている」と述べた。

その上で、欧州中央銀行(ECB)によるマイナス金利政策導入はユーロ圏経済の支援に効果があったとの見方を変えていないと表明。マイナス金利政策導入にあたり、銀行の収益性を巡る問題は阻害要因にならないとの考えも示し、構造的な低金利環境は当面は継続するとの見方を示した。

このほか新型コロナウイルスワクチンについて、実際に接種が始まるまで主要な景気押し上げ効果は発揮されないと指摘。英中銀は、市場金利の上昇による景気回復の頓挫を防止する必要があるとの考えを示した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英コロナ変異種、3月までに米国で主流に 10州で確

ビジネス

Wファーゴ、第4四半期やや増益 信用コスト安定化で

ワールド

仏死亡率が20年に9%上昇、新型コロナで 英伊は抑

ビジネス

20年米年末商戦、小売売上高は8.3%増 政府の現

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!