ニュース速報

ビジネス

中国のネット企業独禁ルール、「必要」な措置=アリババCEO

2020年11月24日(火)02時03分

 中国アリババ・グループの張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)は23日、インターネット企業による独占的な行為防止を目的とした中国のルール策定は「時宜を得ていて必要」な措置との見方を示した。世界インターネット大会で述べた。写真は浙江省烏鎮で開かれた同大会でスピーチする張氏(2020年 ロイター/Aly Song)

[烏鎮(中国) 23日 ロイター] - 中国電子商取引大手アリババ・グループの張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)は23日、インターネット企業による独占的な行為防止を目的とした中国のルール策定は「時宜を得ていて必要」な措置との見方を示した。

23─24日の日程で始まった世界インターネット大会で述べた。

張氏は、中国のインターネット企業は政府の政策に支えられてグローバル産業の第一線に躍り出たが、規制は変化を遂げる必要があると指摘。

業界の「発展と政府の監督は相互に促進し依存する関係だ。このため、プラットフォーム企業は自らが順調に発展するだけでなく、社会全体の持続可能かつ健全な発展に寄与する必要がある」と述べた。

中国ではアリババのほか、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)や美団点評などが政府による監督強化に直面している。

今月初めには、アリババ傘下の金融会社アント・グループが予定していた総額約370億ドル規模の新規株式公開(IPO)が延期された。延期に先立ち、中国当局は同社のオンライン融資事業を一段と厳しく監視すると伝えていた。

また、中国国家市場監督管理総局(SAMR)は今月10日、インターネット企業による市場独占や、公正な競争を阻害する手法の阻止を目的とした規則の草案を発表しており、アリババの電子商取引や決済サービスも政府のより厳しい監督に直面する可能性がある。

アリババのライバルである京東商城(JDドットコム)は先週、規制案を「全面的に支持する」と表明した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、指数寄与度の高い銘柄が軟

ビジネス

ソフトバンクG、英衛星通信ワンウェブに再投資

ワールド

比大統領が娘の後継説を否定 「大統領は女性の仕事で

ビジネス

アングル:米制裁対象の中国企業株、欧州・アジア投資

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!