ニュース速報

ビジネス

FRB、必要に応じて短期市場安定化措置を調整へ=NY連銀総裁

2019年10月18日(金)10時55分

 10月17日、米ニューヨーク連銀(NY連銀)のウィリアムズ総裁は、連邦準備理事会(FRB)は銀行システムの流動性を強化する措置を講じながら資金需要への対応策について学んでおり、必要に応じて政策手段を調整すると表明した。写真はNY連銀。4日撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀(NY連銀)のウィリアムズ総裁は、連邦準備理事会(FRB)は銀行システムの流動性を強化する措置を講じながら資金需要への対応策について学んでおり、必要に応じて政策手段を調整すると表明した。ファンド業界団体が主催したイベントで語った。

9月半ばに見られた資金ひっ迫の原因となった現象は想定通りだったとし、9月半ばを期限とする法人税納付や国債入札決済は、市中銀行の準備預金の需要を高めるとNY連銀は認識していたと述べた。

ただ、支払額の規模や短期金利への影響は「最近の経験とは異なっていた」と述べた。

短期金融市場の不安定化を受け、金融調節を担うNY連銀は、レポ市場での公開市場操作(オペ)を通じて大量に資金を供給し、金利の安定を図ってきた。

FRBは前週、レポ取引を通じた臨時の資金供給を来年1月まで継続すると表明した。また、銀行システムの準備預金の量を強化するため、月額約600億ドルの短期国債の買い入れを行うと発表した。[nL3N26W3YA]

ウィリアムズ総裁は、民間銀行の準備預金量が9月初旬の水準を下回った際に短期金融市場にストレスが生じたが、臨時オペによって準備預金が再び増えるとストレスが緩和されたことに当局者は気づいたと説明。これが、FRBによる短期国債の買い入れを通じて準備預金の量を拡大する措置を取るきっかけとなったという。

「われわれの公開市場操作は、フェデラルファンド(FF)金利の実効レートを誘導目標レンジの範囲内に収めることに成功し、短期金融市場の安定を確保した」とした上で「最近の経験は、潤沢な準備預金の枠組みを効果的に運用する上で、重要な教訓をもたらした」と語った。

ウィリアムズ総裁はイベント後、記者団に対し、日々のオペを通じてこれまでに学んだ教訓の1つとして、銀行が必要に応じて米国債を現金に転換することを可能にするスタンディング・レポ制度だけでは、銀行の流動性確保には不十分な可能性があると指摘した。

レポ取引を通じたオペの後、準備預金を銀行システムにより広範に拡大するためには、依然として「複数の措置が必要だ」と述べた。

その上で「(レポだけで)問題に対処できるとは思わない」とし、「レポは準備預金の増加につながるが、銀行システムに恒常的により高水準の準備預金を維持することの最適な代替策ではない」との見方を示した。

景気見通しについては、年初からの2度の利下げにより、金融政策は経済成長に対するリスクに適切に対応できるような状態になったと指摘。将来の政策金利は「会合ごとに」設定するとの考えを示した。

総裁は、世界経済の減速、貿易の不確実性、低インフレなど7月と9月の利下げ時に考慮された要因は、引き続き経済への脅威だと主張。ただ、将来の利下げを正当化できるかどうか、政策当局者は今後の見通しに注目する必要があると指摘した。

米経済を取り巻く状況が変わっていないということは、さらなる追加措置を講じる必要があるということになるか、という議論は望まないとし「こうした要因が見通しに影響してくるかどうかに重きを置き、検討することが必要だ」と語った。

総裁はさらに、米経済は「かなり良好」であり、消費者はこれまでのところ「非常に強い」と指摘。個人消費は遅行指標としながらも、資産価格や雇用の伸び、賃金上昇など消費に影響する要因は、今のところ前向きだとの見方を示した。

※内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国は台湾の選挙に「毎日」介入している=蔡英文総統

ワールド

トルコ、大部分のIS戦闘員を出身国に年内送還=内相

ワールド

中国と通商合意なければ関税一段と引き上げ=米大統領

ワールド

香港理工大に依然100人立てこもり、行政長官「平和

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 5

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 6

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 7

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 8

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 9

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!