ニュース速報

ビジネス

ドル107円付近、日米首脳会談前で円売り手控え

2018年04月17日(火)15時47分

 4月17日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の107円付近。日米首脳会談を控え、日中は上下19銭の狭いレンジ内で小動きが続いた。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 17日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の107円付近。日米首脳会談を控え、日中は上下19銭の狭いレンジ内で小動きが続いた。

市場では、トランプ米大統領が通商・貿易問題で様々な発言を繰り広げる中で行われる首脳会談で「日本が不利にならない方向に着地させられるか」(野村証券政治・地政学調査シニアエコノミストの吉本元氏)が大きな関心を集めているという。

そのため短期筋の間では、会談後の円高進行を警戒する形で「円の売り仕掛けを手控える動きが顕著」(トレーダー)といい、ドルは一時12日以来の106円台をつける場面もあった。

<中国人民元は小幅安、米国の先鋭化は形だけとの見方>

この日の中国人民元の対ドル相場は6.28元前半。トランプ大統領が前日、「米国が利上げを継続する中、ロシアと中国は通貨切り下げゲームに興じている。これは容認できない!」とツイッターに投稿したが、その影響はほとんど見られなかった。

中国人民銀行(中央銀行)はきょうの人民元基準値を6.2771元に設定。ドルが広範に売られた流れを背景に、前日の基準値6.2884元からわずかにドル安/元高水準に据えたが、取引開始後は6.28元前半へドルの買い戻しが進んだ。

「通商・安全保障などに関する米国の行動は、オーバーアクションだが実質的な内容はそこまでないとのパターンが市場で認識されつつある」(証券)との声があった。

米財務省は13日に公表した為替報告書で、中国の為替操作国認定を見送っていた。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 106.99/01 1.2386/90 132.54/58

午前9時現在 107.05/07 1.2382/86 132.55/59

NY午後5時 107.10/13 1.2378/81 132.58/62

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

訪日外国人9月は5.3%減の216万人、5年8カ月

ビジネス

出光と昭和シェルが株式交換比率で合意、19年4月に

ビジネス

ドル112円前半、じり高 株高・米金利上昇が支援

ワールド

焦点:スパイ騒動で浮かび上がるロシア軍の「戦時モー

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    色あせる中国「一帯一路」 IMF・世界銀行の総会で批…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    【記者殺害疑惑】サウジの悪事?のおかげで歩み寄っ…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!