ニュース速報

ビジネス

米2月小売売上高0.1%減、3カ月連続マイナス

2018年03月15日(木)04時14分

[ワシントン 14日 ロイター] - 米商務省が14日発表した2月の小売売上高は前月比0.1%減と、3カ月連続で落ち込んだ。0.3%増とする市場予想に反してマイナスとなった。

1月の数字は当初発表の0.3%減から0.1%減へ上方改定された。

3カ月連続で落ち込んだのは2012年4月以来。

2月の前年同月比は4.0%増加した。

自動車やガソリン、建材、食品サービスを除いたコア売上高は前月比0.1%増。1月は横ばいだった。コア売上高は、国内総生産(GDP)の消費支出に最も近いとされる。

モルガン・スタンレー(ニューヨーク)の首席エコノミスト、エレン・ゼントナー氏は、「減税への期待から消費が2017年第4・四半期に前倒しされたとみている」とし、「米国の家計における消費ファンダンメンタルズには何ら問題はない」との見方を示した。

米経済の3分の2以上を占める個人消費は、17年第4・四半期に年率3.8%増と底堅く伸びたが、年明けは勢いが鈍化したもようだ。ただ労働市場は底堅く、これが個人消費を下支えしている。米連邦準備理事会(FRB)当局者は労働市場が最大雇用状態、もしくは最大雇用をやや超えた状態とみなしている。2月の雇用統計では就業者数が31万3000人増となった。1兆5000億ドル規模の減税政策も個人消費の追い風となるとみられる。

個人消費の減速は、第1・四半期GDPが緩慢な伸びとなることを示唆する。GDPの市場予想は年率で約2%増だ。17年第4・四半期は2.5%増だった。17年12月の経済指標は、建設支出と製造業受注、卸売在庫が改定されており、伸び率は3.0%へ上方改定される可能性がある。28日に確定値が発表される。

ただ小売統計が軟調となったことで第1・四半期の成長率見通しは低下。米アトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPナウ」によると、第1・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率1.9%となり、9日時点の2.5%から低下した。このほか、マクロエコノミック・アドバイザーズは成長率見通しを0.4%ポイント引き下げ1.7%とした。

2月の小売売上高の内訳は、自動車が0.9%減。1月も0.9%減少していた。ガソリンスタンドは1.2%減。ガソリンの値下がりを反映した。家具やヘルスケア・パーソナルケア製品、電子・家電も減少した。

一方、建材は1.9%増となった。衣料は0.4%増。オンライン小売りは1.0%増加した。外食は0.2%増。スポーツ用品・趣味関連は2.2%増加した。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!