ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー(14日)

2018年03月14日(水)18時09分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 106.59/61 1.2387/91 132.04/08

NY午後5時 106.56/59 1.2389/91 131.94/98

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の106円後半。日経平均が寄り付きからマイナス圏で推移。ドルも上値の重さが意識された。

<株式市場>

日経平均 21777.29円 (190.81円安)

安値─高値   21684.02円─21881.09円

東証出来高 11億5609万株

東証売買代金 2兆2537億円

東京株式市場で日経平均は5日ぶりに反落した。米国務長官の更迭や関税を巡る懸念で前日の米国株が下落。財務省の決裁文書書き換え問題も引き続き相場の重しとなった。国内外の政治リスクが意識される中、後場に下げ幅は一時280円超に拡大。3月期末の配当権利取りの動きなどを支えに、引けにかけては下げ渋った。東証1部の売買高は今年最低となった。

東証1部騰落数は、値上がり708銘柄に対し、値下がりが1262銘柄、変わらずが100銘柄だった。

<短期金融市場> 17時13分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.068%

ユーロ円金先(18年6月限) 99.925 (変わらず)

安値─高値 99.920─99.925

3カ月物TB -0.155 (+0.020)

安値─高値 -0.155─-0.160

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.068%になった。15日に準備預金の積み最終日を控えているが、積みにめどをつけている金融機関が多いため、資金調達意欲が弱い状況が続いた。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.115%とマイナス幅を縮小。TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.068%と横ばい。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。業者間取引で国庫短期証券は弱含みで推移した。海外勢の需要が後退しているとの見方がある。

<円債市場> 

国債先物・18年6月限 150.67 (変わらず)

安値─高値 150.66─150.73

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.045% (変わらず)

安値─高値 0.045─0.045%

長期国債先物は横ばいで引けた。序盤は2月米消費者物価指数(CPI)の伸び鈍化やティラーソン国務長官の更迭を手掛かりに前日の米債が強含みとなった流れを引き継いだ。日経平均株価が下落したことも買いを誘った。ただ、終盤にかけて戻り売りも出たことから上値が重くなった。

現物債市場は高安まちまち。長期を対象にした日銀オペが需給の引き締まりを意識させる結果だったことから長期ゾーンは底堅く推移した。一方で、中期ゾーンは需給の緩みを意識させるオペ結果を確認すると売り圧力が強まった。春闘集中回答日だが、足元の相場への影響は限られている。

<スワップ市場> 16時15分現在の気配

2年物 0.10─0.00

3年物 0.11─0.01

4年物 0.13─0.03

5年物 0.16─0.06

7年物 0.21─0.11

10年物 0.31─0.21

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!