ニュース速報

ビジネス

収益力向上へ対話深化、懸念あれば効率化も議論=日銀の18年度考査

2018年03月13日(火)19時07分

 3月13日、日銀は取引先金融機関を対象にした2018年度の考査の実施方針を発表した。低金利環境の長期化や人口・企業数の減少などを背景に地域金融機関を中心に基礎的な収益力の低迷が続く中、引き続き収益力の点検と評価に注力する。都内の日銀本店で2016年3月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino/File Photo)

[東京 13日 ロイター] - 日銀は13日、取引先金融機関を対象にした2018年度の考査の実施方針を発表した。低金利環境の長期化や人口・企業数の減少などを背景に地域金融機関を中心に基礎的な収益力の低迷が続く中、引き続き収益力の点検と評価に注力する。

将来的な収益力が懸念される先には、経営効率化策についても経営陣と対話を深める。

17年度考査では、充実した自己資本を背景とした金融機関の損失吸収力の高さが確認されたものの、低金利環境の長期化や金融機関間の競争激化、人口・企業数の減少などを背景とした収益力の低下傾向に変化はない。

こうした課題を踏まえ、18年度考査では引き続き、金融機関の収益力の点検と評価に力を入れる。

非金利収入を含め、中長期的に「持続性の高い利益」を確保するための取り組みについて経営陣と議論を行うほか、低金利環境が続く中で積極化しているリスクが高めの先に対する貸出や期間が長めの貸出などの信用リスク、自己資本や収益性とのバランスを考慮した市場リスク管理についても考査で確認する。

さらに、人口・企業数の見通しなど営業基盤の変化を踏まえた定期的な収益シミュレーションを行い、経営戦略や業務計画の妥当性を検証し、必要な見直しを行っているかを点検する。

将来の収益に懸念がある金融機関とは収益管理の適切性や収益向上策のほか、経営効率化策など「幅広い観点から、収益力の向上を促す対話を深める」方針だ。

また、地域金融機関の収益力や市場リスクに調査範囲を限定した「ターゲット考査」を18年度も継続する。市場リスク管理においては、運用計画に見合った体制整備ができているかや、内外金融市場の急変時における「経営陣への報告と意思決定プロセス」も点検する。

ターゲット考査は17年度から本格的に実施され、同年度は15前後の地域金融機関で行われた。18年度も同様のペースを維持する考えだ。

IT(情報技術)などを活用した新たな金融サービスの提供や業務改革によるオペレーショナルリスクへの対応状況なども点検する。

(伊藤純夫)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英FTのCEO、約3.67億円の報酬を一部返納 記

ビジネス

7月の中国への海外直接投資、前年比+14.9%=上

ビジネス

日銀の政策修正は小手先、早期に総括検証第2弾で副作

ビジネス

中国当局、インフラ投資計画の承認加速 7月は前月の

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 10

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!