ニュース速報

ビジネス

キリンHD、今期事業利益は0.9%増を計画 自社株買い実施へ

2018年02月14日(水)17時50分

 2月14日、キキリンホールディングスは、2018年12月期の業績(国際会計基準)のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益で前年比0.9%増の1960億円を見込んでいると発表した。写真は茨城で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 14日 ロイター] - キリンホールディングス <2503.T>は14日、2018年12月期の業績(国際会計基準)のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益で前年比0.9%増の1960億円を見込んでいると発表した。日本基準での営業利益は1600億円(前年比3.2%増)と増益の見通し。

また、中計で掲げていたフリーキャッシュフロー創出目標を1年前倒しで達成したことから、1000億円・5000万株を上限に自社株買いを行うことも発表した。年間配当は48円(前期は46円)を計画している。

18年12月期は、薬価基準の引き下げにより医薬・バイオケミカル部門が減収減益となるが、キリンビールやキリンビバレッジ、海外事業などの寄与で増益となる。

2018年のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)の販売は前年比0.3%増の1億2880万ケースを目指す。17年にシェアを落とす要因となった新ジャンルでは、新商品「本麒麟」を投入し、同5.4%増と巻き返しを図る。また、他社に比べて先行しているクラフトビール事業も拡大を図るほか、伸長が続くRTD(Ready To Drink)は18.2%の伸びを見込む。

16年からの3カ年で計画していたコスト削減目標300億円は2年間で達成。18年12月期は、原材料調達や稼働率向上など、グループ全体で46億円のコスト削減に取り組む。

同社はベトナム国営ビール最大手、サイゴンビール・アルコール飲料総公社(サベコ)の株式取得を見送った。海外での投資について、磯崎功典社長は「中期的にみるとアジア・オセアニア。ただ、サベコが終わり、そうそう大きな話はない」としながらも「ビールにとどまらず、飲料などチャンスの芽はある。長期的にみれば、新たな健康中心の領域も全部を自前主義でやるつもりはない。それに伴ってM&Aも発生してくる」と述べた。

2017年12月期の連結売上収益は前年比0.5%増の1兆8637億円、事業利益は同6.8%増の1943億円となった。日本基準の営業利益は1550億円で、会社計画の営業利益1520億円を上回り、過去最高益となった。

新ジャンルが落ち込んだことで、ビール類の販売数量は4.3%減となったが、RTDやノンアルコールビールの利益貢献や販売費の削減、原材料費の削減により、キリンビールは減収増益となった。一方、飲料事業では主力商品の「午後の紅茶」や「生茶」の販売が好調で、大幅増益となった。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!