ニュース速報

ビジネス

キリンHD、今期事業利益は0.9%増を計画 自社株買い実施へ

2018年02月14日(水)17時50分

 2月14日、キキリンホールディングスは、2018年12月期の業績(国際会計基準)のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益で前年比0.9%増の1960億円を見込んでいると発表した。写真は茨城で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 14日 ロイター] - キリンホールディングス <2503.T>は14日、2018年12月期の業績(国際会計基準)のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益で前年比0.9%増の1960億円を見込んでいると発表した。日本基準での営業利益は1600億円(前年比3.2%増)と増益の見通し。

また、中計で掲げていたフリーキャッシュフロー創出目標を1年前倒しで達成したことから、1000億円・5000万株を上限に自社株買いを行うことも発表した。年間配当は48円(前期は46円)を計画している。

18年12月期は、薬価基準の引き下げにより医薬・バイオケミカル部門が減収減益となるが、キリンビールやキリンビバレッジ、海外事業などの寄与で増益となる。

2018年のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)の販売は前年比0.3%増の1億2880万ケースを目指す。17年にシェアを落とす要因となった新ジャンルでは、新商品「本麒麟」を投入し、同5.4%増と巻き返しを図る。また、他社に比べて先行しているクラフトビール事業も拡大を図るほか、伸長が続くRTD(Ready To Drink)は18.2%の伸びを見込む。

16年からの3カ年で計画していたコスト削減目標300億円は2年間で達成。18年12月期は、原材料調達や稼働率向上など、グループ全体で46億円のコスト削減に取り組む。

同社はベトナム国営ビール最大手、サイゴンビール・アルコール飲料総公社(サベコ)の株式取得を見送った。海外での投資について、磯崎功典社長は「中期的にみるとアジア・オセアニア。ただ、サベコが終わり、そうそう大きな話はない」としながらも「ビールにとどまらず、飲料などチャンスの芽はある。長期的にみれば、新たな健康中心の領域も全部を自前主義でやるつもりはない。それに伴ってM&Aも発生してくる」と述べた。

2017年12月期の連結売上収益は前年比0.5%増の1兆8637億円、事業利益は同6.8%増の1943億円となった。日本基準の営業利益は1550億円で、会社計画の営業利益1520億円を上回り、過去最高益となった。

新ジャンルが落ち込んだことで、ビール類の販売数量は4.3%減となったが、RTDやノンアルコールビールの利益貢献や販売費の削減、原材料費の削減により、キリンビールは減収増益となった。一方、飲料事業では主力商品の「午後の紅茶」や「生茶」の販売が好調で、大幅増益となった。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 2

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 3

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

  • 10

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!