ニュース速報

ビジネス

ドル一時106円台、株安嫌気 仕掛け的な円買いも

2018å¹´02月14日(水)16時25分

 2月14日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の107円前半。重要サポートポイントを下抜け、一時106円まで下落。1年3カ月ぶりの安値を付けた。写真はソウルで2011年9月撮影(2018年 ロイター/Lee Jae Won)

[東京 14日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の107円前半。重要サポートポイントを下抜け、一時106円後半まで下落。1年3カ月ぶりの安値を付けた。

久々の107円台ということもあり、仲値にかけて輸入企業のドル買い/円売りが出た。107.91円まで上昇し、きょうの高値をつけたが、その後は一転。日経平均のマイナス転換とともにドル売り/円買いが優勢となった。

下値めどとみられていた昨年安値107.32円を割り込むと、ストップロスを巻き込みながら下落スピードを加速。投機筋の仕掛け的な円買いも加わり、節目の107円も下回った。午後1時過ぎにかけて106.84円まで下落し、2016年11月以来の安値をつけた。

午前の記者会見で菅義偉官房長官が「為替の安定はきわめて重要。緊張感をもって注視している」と述べたが、この発言への相場反応が限定的だったことで、下値攻めに安心感が出たとの見方も出ていた。市場からは「『注視する』では弱い。一時的にスピードを緩める効果はあっても、ドルを持ち上げるエネルギーにはならない」(外為アナリスト)との声が出ていた。

106円後半まで下落したことで、下方向を試した向きにいったん達成感が出たといい、午後3時にかけて107円前半を回復。米1月消費者物価指数(CPI)待ちのムードも出始めた。

米CPIについてロイターがまとめた市場予測では、前年同月比で1.9%、コア指数は同1.7%となっている。予測を上回りインフレ加速観測が強まれば、米長期金利が上昇し、株価が不安定化する可能性がある。「米長期金利が2.88%くらいまで上昇してきたら、株価への影響に注意が必要。金利差を見ればドルも買いやすいが、もう少し市場が落ち着くのを待ちたい」(国内金融機関)との声が出ていた。

チャート的に節目の107.32円を下回ったことで、下値余地が2016年安値から高値への上昇幅に対する61.8%押しの106.51円レベルに広がった。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 107.15/17 1.2376/80 132.65/69

午前9時現在 107.75/77 1.2351/55 133.11/15

NY午後5時 107.82/83 1.2350/54 133.16/20

*本文1段落目の脱字を補って再送します。

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 2

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 3

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

  • 10

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!