ニュース速報

ビジネス

日経平均は一時2万1000円割れ、円高を嫌気

2018年02月14日(水)16時32分

 2月14日、東京株式市場で日経平均は3日続落。一時は取引時間中で昨年10月13日以来となる2万1000円割れまで下落した。前日の米国株が小幅ながら上昇し、朝方は買い戻しが先行。上げ幅は一時100円を超えたが、円高基調が重しとなり軟化した。写真は東京証券取引所で6日撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日続落。一時は取引時間中で昨年10月13日以来となる2万1000円割れまで下落した。

前日の米国株が小幅ながら上昇し、朝方は買い戻しが先行。上げ幅は一時100円を超えたが、円高基調が重しとなり軟化した。

後場寄り直後に1ドル106円台まで円高が進行すると、先物安による裁定解消売りを伴って下げが加速し300円に迫る下げ幅となった。円高一服後は買い戻しでプラスに転じる場面もあったが、変動率の大きさを嫌気する売りや信用取引の手じまい売りなどに押され、引けにかけて上値は重かった。乱高下の末、日経平均終値は連日で今年最安値を更新した。

TOPIXは前日比0.82%安で取引を終了。東証1部売買代金は3兆4450億円だった。今晩発表される1月米消費者物価など米経済指標への警戒感が強いほか、寄り前発表の日本の2017年10─12月期実質国内総生産(GDP)1次速報が事前予測を下回ったことも重しとなった。東証33業種で下落率トップは輸送用機器。海運、非鉄などの下げも目立った。医薬品などディフェンシブ系の一角はしっかりだった。

市場では「ピーク時で5兆円まで積み上がった仮需(信用買い残と裁定買い残の合計)のポジション調整が継続している。下値は堅くなりつつあるが、3月9日のメジャーSQ(特別清算指数)算出前後までは不安定な状況が続きそうだ」(大和証券日本株ストラテジストの家入直希氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、東海カーボン<5301.T>が大幅高。同社が13日に発表した2018年12月期の大幅増益予想を好感した買いが入った。黒鉛電極の価格上昇などが業績にプラス効果をもたらす見通し。半面、日本信号<6741.T>が急落した。13日に通期業績予想の下方修正を発表し、嫌気された。一部案件での立ち上がりの遅れに加え、交通運輸インフラ関連で想定を超える初期開発費が発生したことが響く。増益予想から一転、最終減益となる見込み。

東証1部の騰落数は、値上がり432銘柄に対し、値下がりが1581銘柄、変わらずが52銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21154.17 -90.51

寄り付き    21251.24

安値/高値   20950.15─21371.01

TOPIX<.TOPX>

終値       1702.72 -14.06

寄り付き     1719.16

安値/高値    1691.65─1725.5

東証出来高(万株) 184229

東証売買代金(億円) 34450.23

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 2

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 3

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

  • 10

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!