ニュース速報

ビジネス

公取委、長崎で異例の再調査へ ふくおか・十八銀統合で

2018年02月14日(水)15時49分

[東京 14日 ロイター] - 公正取引委員会は14日、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)<8354.T>と十八銀行<8396.T>の経営統合審査について、長崎県の事業者を対象に再度のアンケート調査を実施すると発表した。経営統合の審査で公取委が2度目のアンケート調査を行なうのは異例。

公取委は2016年5月、長崎県の事業者3000社を対象にアンケート調査を行った。FFG・十八銀の要望や、1回目の調査から時間が経過したことを踏まえ、再調査を行なうことにした。今回は3000社以上の事業者に対し、月内にもアンケートを送り、長崎における金融機関同士の競争について実態把握を目指す。

FFGと十八銀の統合を巡っては、FFG傘下の親和銀行と十八銀が統合すると長崎県内の貸出シェアが約7割に上り、金融機関の競争を制限するとして、公取委が抜本的な問題解消措置を求めてきた。しかし、山田昭典事務総長は14日の会見で、当事者からはまだ、有効な問題解消措置の提示を受けていないと述べた。

FFG・十八銀は公取委が最終判断を下すための報告も出しておらず、審査の手続きは止まったままだという。

山田事務総長はまた、今回のアンケート結果が1回目と比べ「大きな変化はないという結論になる可能性も十分ある」と指摘。その場合、FFG・十八銀の統合審査の行方が一段と厳しくなる可能性がある。

(和田崇彦)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国、環境改善へ無駄な消費抑制とごみ問題への対処必

ワールド

日中首脳会談、やる以上は問題解決につながる形で=菅

ワールド

豪首相、年内に訪中へ 貿易問題解消へ関係改善を模索

ワールド

メルケル独首相、中国訪問で相互市場アクセスや知的財

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 3

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 4

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 5

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 6

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 10

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!