コラム

横暴な中国の「サラミ戦術」に今こそ対抗せよ

2020年09月11日(金)11時47分
横暴な中国の「サラミ戦術」に今こそ対抗せよ

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<香港問題のみならず、チベット、ウイグル、そして海洋にも中国の覇権主義は至っており、「香港の次は台湾、そして尖閣」という警鐘も鳴らされている。日本にとっても決して人ごとではない>

【帰属の証明】
尖閣諸島の帰属を明確にする方法が一つある。

島で香港に関するデモをしてみればよい。

認可されれば日本。

弾圧されれば中国である。

◇ ◇ ◇

2020年6月30日、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は香港国家安全維持法(国安法)に署名。これにより、香港における従来の高度な自治と法の支配は根本から揺らぐことになり、同地の発展を支えてきた「一国二制度」は完全に形骸化された。

目下、中国には国際社会から批判が集中している。香港は中国と世界を結ぶ「金融・ビジネスセンター」。中国への直接投資の約7割は香港を経由して行われてきた。国際社会は香港を無視できない。

なかでも日本は、香港との深い結び付きを有している。在香港の日系企業の数は約1400社に及び、これは中国以外の国では最も多い数字である。

G7は外相声明として国安法の導入に関する懸念を表明したが、これを主導したのは日本であった。

中国による弾圧はチベットやウイグルにも及んでいるが、その覇権主義は海洋にまで至っている。

7月には、南シナ海のパラセル諸島周辺で中国海軍が軍事演習を断行。コロナ対策に世界中が追われているなかで、その隙を突くようにして対外膨張の手を強める中国の態度は、国際社会の怒りを買った。

このような中国の動向は、日本にとっても人ごとではない。中国の公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海への侵入は既に常態化。「香港の次は台湾、そして尖閣」という警鐘も鳴らされている。

「サラミ戦術」に対抗せよ

中国は日本に対し「サラミ戦術」を使っているとされる。この戦術はハンガリー共産党のラーコシ・マーチャーシュの言葉に由来するもので、「サラミを薄く切るように少しずつ状況を変えていけば抵抗は少ない」という意味を表す。日本は既に随分とスライスされてしまっているのではないか。

7月23日、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官は、対中政策について以下のように語った。

【関連ジョーク記事】
「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不思議な人々
日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)など。最新刊は『昭和史の声』(飛鳥新社)。

ニュース速報

ワールド

米国の西半分でコロナ感染まん延、積極的な防止策を=

ワールド

ハリケーン「ゼータ」が米南部上陸、倒木などで3人死

ワールド

米大統領選、期日前投票8000万人超 100年ぶり

ワールド

米、年末にも新型コロナワクチンの接種可能に ファウ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!