コラム

親日だけじゃないジャック・シラク──フランス人が愛した最後の大統領

2019年10月01日(火)10時00分
親日だけじゃないジャック・シラク──フランス人が愛した最後の大統領

スタミナと人間味にあふれた最後の「大きな政治家」だった Philippe Wojazer PW-REUTERS

フランスで12年間大統領を務めたジャック・シラクが86歳で亡くなりました。シラクというと日本ではよく親日家の側面が取り上げられますが、政治家としての彼のことはあまり知られていません。フランス人にとっては、忘れがたい大統領です。

ジャック・シラクは、1932年にパリ5区のブルジョアな家庭で生まれます。身長192センチの若きシラクは根性のある学生でした。パリのエリート大学をあっと言う間に卒業すると、アルジェリア戦争に従軍。彼には戦争に行かない選択肢もあったのですが、そうしませんでした。愛国心というよりは、冒険好きな性格のためだったようです。

帰国後に政治家として修業します。当時のフランスの政治はシャルル・ド・ゴール大統領の後継争いで混戦模様でした。有望な若手が大勢いるなかで、シラクは最も優秀とはいえませんが、政治が大好きでスタミナは人一倍ありました。当時のジョルジュ・ポンピドゥー大統領に可愛がられ、1972年に39歳で農林水産大臣に抜擢されます。庶民的でさっぱりした人柄で国民に人気でしたし、若くてイケメンで、今の小泉進次郎を連想させるフレッシュな人選でした。

政治家として自分を追い込み、際どい挑戦を恐れなかった

1974年には41歳で首相に選ばれ、2年後に政策路線の違いから当時のジスカール・デスタン大統領に前代未聞の反抗をしてドカンと辞任(当時首相)、新党を立ち上げます。反乱者シラクの誕生です。45歳のときにパリ市長になり、約20年にわたってこの大都市を統治します。1980年ごろには、フランス政界のスター的な存在になっていました。

しかしその後2度の大統領選で完敗すると、負け犬のイメージになり、笑い者にもされました。不遇の10年間でした。

誰もが彼のキャリアは終わったと思った頃、彼は不死鳥のように甦りました。復活のきっかけは、選挙で治安の悪化やエコロジーなど洞察に富む的確な争点を打ち出したことです。その結果、1995年の大統領選で62歳で初めて当選します。失われた時間を戻すために。

シラク大統領は、天敵だったフランソワ・ミッテラン(元大統領)に負けない強い決断を次々と下しました。第二次大戦中のフランスの悪名高きヴィシー政権のユダヤ人虐殺の責任を公に認め、国として謝罪します。ヒューマニズムかと思ったら、直後には南太平洋の核実験を再開して国際社会から多くの批判を浴びます。

シラクはイメージアップにはさほど関心がなく、政治家として常に自分を追い込み、際どい挑戦を恐れませんでした。1990年代後半、兵役の義務を廃止すると、アラブ文明が好きな彼はアメリカの中東外交にも極めて懐疑的な姿勢を見せ、9.11後のイラク戦争ではアメリカを敵に回すことも恐れず、フランス軍が「有志連合」に参加するのに反対します。

プロフィール

フローラン・ダバディ

1974年、パリ生まれ。1998年、映画雑誌『プレミア』の編集者として来日。'99~'02年、サッカー日本代表トゥルシエ監督の通訳兼アシスタントを務める。現在はスポーツキャスターやフランス文化イベントの制作に関わる。

ニュース速報

ワールド

第3四半期の中国GDP、前年比6.0%増 27年ぶ

ワールド

日米貿易協定、日本のGDPを0.8%押し上げ=政府

ワールド

インタビュー:伊予算案がEUルールと整合的か精査中

ワールド

米エネルギー長官、年末までに辞任 トランプ大統領が

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!